【SONY WF-XB700レビュー】重低音ファンにささげる!ライブ会場にいるような臨場感を味わえる完全ワイヤレスイヤホン!

4 min

本記事は「SONY WF-XB700」を実際に使用してのレビュー記事です!
サイズ感や重量などの特徴や音質について書いていきます!

SONY WF-XB700」は重低音が魅力のSONYの完全ワイヤレスイヤホンです。

EXTRA BASS」はSONYの重低音にチューニングをした人気のシリーズで完全ワイヤレスイヤホンではこの「SONY WF-XB700」が初の採用になります。

今回のモデルはノイズキャンセル機能は搭載されていませんが、完全ワイヤレスイヤホンでありながら圧倒的な迫力臨場感ロックなどの低音が重要な曲では特に相性が良いです。

テッチ

テッチ

「EXTRA BASS」は過去にイヤホン、ヘッドホンで使った事がありますが病みつきになるくらい低音が気持ちいいですよ!

そのほかにも

  • 左右同時転送で高い接続安定性
  • IPX4の防滴仕様
  • 一日使えるロングバッテリー

などの特徴があり、音質面はもちろん持ち運びにも便利な仕様になっています。

テッチ

テッチ

ラウドロック好きのボクには最高に気持ちがいい低音!
まるでライブ会場にいるような臨場感があじわえますよ!

それでは重低音が最高の完全ワイヤレスイヤホン「SONY WF-XB700」をレビューしていきます。

Sponsored Links

「SONY WF-XB700」スペック表、付属品

WF-XB700 スペック表
電源DC3.7V : 内蔵充電式リチウムイオン電池
充電時間約2.5時間
充電方法USB充電(ケース使用)
電池持続時間(連続音声再生時間)最大9時間
電池持続時間(連続通話時間)最大5時間
電池持続時間(待受時間)最大200時間
通信方式Bluetooth標準規格Ver. 5.0
最大通信距離見通し距離 約10 m
使用周波数帯域2.4 GHz帯 (2.4000 GHz – 2.4835 GHz)
対応BluetoothプロファイルA2DP, AVRCP, HFP, HSP
対応コーデックSBC, AAC
伝送帯域(A2DP)20 Hz – 20,000 Hz (44.1 kHzサンプリング時)

外箱はシンプルデザインでSONYらしさを感じます。

箱を開けるとイヤホン、ケースがお目見え。

付属品はこれだけ入っています。

付属品一覧
  • イヤホンケース
  • イヤホン本体
  • 充電用USB-A to Cケーブル
  • 取扱説明書

「SONY WF-XB700」外観、特徴

「SONY WF-XB700」は重低音が特徴的な完全ワイヤレスイヤホンです。

イヤホンについて

イヤホン本体はザラザラとしたマットな質感。
「SONY」のロゴがさりげなく入っていてかっこいい。

IPX4の防滴仕様で多少の雨や汗でも大丈夫

イヤホン本体の左右ともに側面にはボタンがついていてさまざまなコントロールができます。
また全指向性マイクを搭載しているのでマイクの位置を意識せずに通話ができます。

L側とR側のそれぞれに全指向性マイクを搭載しているので通話も可能です。

音楽を聞くときの操作
再生/一時停止R側のボタンを1回押す
次の曲の頭出しR側のボタンをすばやく2回押す。
前(または再生中)の曲の頭出しR側のボタンをすばやく3回押す。
音量を上げる再生中にL側のボタンを1回押すと音量が1ステップ上がる。
音量を下げる再生中にL側のボタンを押したままにすると音量が連続して
下がる。適度な音量になったらボタンを離す。
音量が最大または最小になると、警告音が鳴ります。
通話するときの操作
電話をかけるスマートフォンや携帯電話から発信します。
電話を受ける本機から着信音が聞こえたら、L側かR側のどちらかのボタンを1回押します。
電話がつながります。
電話を切るL側かR側のどちらかのボタンを1回押します。
音量を調節する通話時の音量は本機では調節できません。接続機器側で調節してください。
音声アシスト機能(Siri/Google™アプリ)を使う

Siri/Googleアプリを有効にした状態で、待ち受け中や音楽再生
中に、R側のボタンを約2秒間押したままにする。

購入時はMサイズのイヤーピースが装着されています。

外れやすかったり、低音の不足や左右の音量差が感じられる場合は、
左右それぞれの耳にフィットするサイズに交換してください。

重量は片耳で約7g。
とてもフィット感がいいので重さなどは感じません。

イヤホン本体は大きさの割にしっかりフィットして落ちることもないです。

イヤホンを装着した状態
テッチ

テッチ

フィット感はすごくいいですよ!

目次に戻る

ケースについて

ケースはザラザラとした質感で指紋などの汚れはつきにくいです。
こちらも「SONY」のロゴがさりげなく入っています。

ケースを開けた状態。
イヤホン本体もパチっとしっかりはまり質の高さを感じます。

ケースは開いた状態でも自立してくれるのはうれしいポイント。

傾斜もついているのでイヤホン本体を取り出しやすいです。

ケースとイヤホンをあわせた重量は62g

ケース自体は軽量ですが厚みは約3.5cmあるのでタイトなパンツだとポケットに入れるとジャマに感じてしまうかもしれません。

フリスクと大きさと厚みを比較

「SONY WF-XB700」接続方法

テッチ

テッチ

iPhoneでの接続の仕方を解説します!
カンタンなので手順通りにやってみてください!

  1. STEP

    イヤホンをケースから取り出す。

  2. STEP

    iPhoneの設定Bluetoothから WF-XB700をタッチ

  3. STEP

    WF-XB700が接続済みになっていれば接続完了。

一度接続を済ませてしまえば次回からはイヤホンをケースから取り出すだけで自動接続してくれます

「SONY WF-XB700」音質

とにかく低音が気持ちいい!

購入前は「EXTRA BASS」だけに割と低音だけブーミーなイメージかなー?
と思っていましたがそんなことはなく、しっかりとした低音の中でボーカルや楽器の音がしっかり際立ち、音の解像度は高いです。

小さな音量でも低音の鳴りはしっかりしていますが、音量を上げていくとさらに低音が増し脳内が震えるような心地よさにおそわれます。

ポップスやロック、EDMなどをノリノリで聞くのはすごくいいですよ!

テッチ

テッチ

ボクはラウドロックが特に好みでこれらの音源を聞くと特にライブハウスにいるような音圧感と臨場感が得られて最高です!

「SONY WF-XB700」動画視聴での遅延

完全ワイヤレスイヤホンは動画視聴時の音の遅延が発生します。

「SONY WF-XB700」は「左右同時転送方式」の採用で本体の左右側それぞれがプレーヤーからのBluetooth信号を同時に伝送することで、高い接続安定性を実現しています。
それにより、動画視聴時の映像と音声のずれも低減しています。

SONY公式HPより
テッチ

テッチ

YOUTUBE」「Amazonプライムビデオ」の2つで実際に視聴してみましたが遅延もなく動画を楽しむことができました!

「SONY WF-XB700」まとめ

SONY WF-XB700」を実際に使用しての感想を書きました。

「EXTRA BASS」を採用した完全ワイヤレスイヤホンということで楽しみにしていました。

ノイズキャンセル機能はついていませんが完全ワイヤレスイヤホンでありながら圧倒的な迫力と臨場感でロックなどの低音が重要な曲では特に相性が良いです。

テッチ

テッチ

ポップスやロック、EDMなどをノリノリで聞くのはすごくいいですよ!

最後までありがとうございました。

Amazonでお得にお買い物をする方法

Amazonでお得にお買い物をするならAmazonギフト券の購入がおすすめです。

テッチ

テッチ

現金チャージで、チャージ額×最大2.5%分のポイントがもらえますよ!

Amazonプライム会員ならぜひ使うべき!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です