【脳内を震わせろ!】重低音が魅力の高音質な完全ワイヤレスイヤホンおすすめ12選!【2021最新】

18 min
テッチ

テッチ

本記事はオーディオとロックが大好きの筆者が、重低音が魅力の完全ワイヤレスイヤホンを紹介します。

音楽が大好きなテッチ(@tetsusea1)です!

ボクはよくイヤホンでラウドロックなどの音楽を聞くのですが、特に低音へのこだわりがあります。

低音がスカスカのイヤホンだと曲の持つ迫力がまったく表現されず、バンドサウンドが台無しになってしまいます。

テッチ

テッチ

ライブ会場にいるような迫力あるサウンドを楽しみたい。

本記事で紹介するのは、重低音が魅力の完全ワイヤレスイヤホン。

脳内を揺らし、ライブ会場にいるような錯覚さえおぼえる、迫力あるサウンドが魅力の12選を紹介します。

完全ワイヤレスイヤホンの選び方のポイント

それでは選び方のポイントを解説していきます。

テッチ

テッチ

わかりやすく解説していきますね!

目次に戻る

装着感

完全ワイヤレスイヤホンは左右のイヤホンもコードがつながっていないのでフィット感はとても大事な要素になってきます。

イヤホンの形状は

  • カナル型
  • インナーイヤー型

の2種類に分けられます。

Q

カナル型イヤホンとは?

A

耳栓のように耳の中に入れ込むタイプ。
遮音性が高く、外れにくいので音楽に集中できる。

Q

インナーイヤー型とは?

A

耳にひっかけるタイプ。
開放感があるが、物によっては外れやすく音漏れがある。

どちらのタイプにも良さはありますが、個人的には「カナル型」のほうがフィット感や低音域の強さなどメリットが多いと感じます。

まずは付属のイヤーピースなどで自分の耳にあったものをしっかり選ぶことで、音質の向上やはずれにくさにつながります。

イヤホンの紛失には気をつけましょう

目次に戻る

機能性について

防水機能が搭載されている製品は、スポーツ時の汗や急な雨でイヤホンが濡れてしまっても安心です。

防水性能は各製品で違いがあり、基準は「IPX○○」で表記されます。

ほとんどの製品はイヤホンには防水機能が搭載されていますが、ケースは防水機能が無いものが多いので注意して下さい。

またノイズキャンセリングが搭載されていると雑音のなかでもノイズを低減してくれるので、電車の中やカフェなどでも集中して音楽を聴くことができます。

ノイズキャンセリング搭載のおすすめ完全ワイヤレスイヤホンはこちらの記事で紹介しています。

目次に戻る

接続の安定性

完全ワイヤレスイヤホンはコードが一切ない無線接続なので、接続の安定性は重要なところです。

一般的にBluetooth5.0以上の機種は接続が安定している傾向にあります。

しかし、人混みや周りの電波状況によってはどうしても音切れなどは発生してしまうので、完璧なワイヤレスイヤホンは無いと思ったほうがいいでしょう。

目次に戻る

再生時間

完全ワイヤレスイヤホンを使う上で、バッテリーの持ち時間は重要なポイントです。

できるだけ長く持つものが良いですが、イヤホン本体のみで5時間ほどの再生時間があれば安心できます。

完全ワイヤレスイヤホンはケースにイヤホンを戻すと充電されるのでケースと合わせてのバッテリー持続時間を把握しておきましょう。

目次に戻る

音質

音質は完全ワイヤレスイヤホンを使う中でいちばん重要なポイントになってきます。

音質を決める要素としては

  • ドライバー
  • コーデック

があります。

音を振動に変換するドライバーは大きさなどで低音の強さなどのサウンド面で特徴が変わってきます。

コーデックは音のデータを圧縮する規格のことで、この違いにより音質や動画視聴時などの音の遅延に大きく関係してきます。

一般的なコーデックとしては

  • SBC
  • AAC
  • apt-X

などがあります。

iPhoneならAAC、Androidスマホならapt-Xを選ぶと遅延も最小限で高音質なサウンドを楽しめます。

テッチ

テッチ

いい音で音楽を楽しむことは、移動中や作業中などの時間を有効に使えますね!

【重低音が魅力の完全ワイヤレスイヤホン】おすすめ12選

それでは「重低音が魅力の完全ワイヤレスイヤホンおすすめ12選」を紹介していきます。

おすすめBEST3

比較表は→にスクロールできます。

機種名「JBL CLUB PRO + TWS」「SONY WF-1000XM3」「Bose QuietComfort® Earbuds」「Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro」「Jabla Elite 75t」「SONY WF-SP800N」「SONY WF-XB700」「radius HP-V500BT」「radius HP-V500BT」「BOSE SoundSport Free」「ANKER Soundcore Liberty Air 2 」「JVC HA-XC50T」
製品画像
再生時間イヤホン単体:6時間
ケース込み:24時間
イヤホン単体:6時間
ケース込み:24時間
イヤホン単体:6時間
ケース込み:18時間
イヤホン単体:6時間
ケース込み:21時間
イヤホン単体:5.5時間
ケース込み:28時間
イヤホン単体:9時間
ケース込み:18時間
イヤホン単体:9時間
ケース込み:18時間
イヤホン単体:11時間
ケース込み:50時間
イヤホン単体:11時間
ケース込み:50時間
イヤホン単体:5時間
ケース込み:15時間
イヤホン単体:7時間
ケース込み:28時間
イヤホン単体:4時間
ケース込み:14時間
Bluetooth5.15.05.15.05.05.05.05.05.05.05.05.0
コーデックSBC・AACSBC・AACSBC・AACSBC・AACSBC・AACSBC・AACSBC・AACSBC・AAC・aptX・aptX AdaptiveSBC・AAC・aptX・aptX AdaptiveSBC・AACSBC・AAC・apt-XSBC・AAC
防水性能IPX4非対応IPX4IPX4IP55IP55IPX4IPX4IPX4IPX4IPX5IP55
イヤホン形状カナル型カナル型カナル型カナル型カナル型カナル型カナル型カナル型カナル型カナル型カナル型カナル型
ノイズキャンセリング非対応非対応非対応非対応非対応非対応
外音取り込み非対応非対応非対応非対応
充電端子USB-C・ワイヤレス充電USB-CUSB-C・ワイヤレス充電USB-C・ワイヤレス充電USB-CUSB-CUSB-CUSB-CUSB-CUSB-CUSB-C・ワイヤレス充電Micro-USB

目次に戻る

JBL CLUB PRO + TWS

JBL CLUB PRO + TWS」はパワフルなサウンドと機能性にすぐれた完全ワイヤレスイヤホンです。

おすすめポイント
  • パワフルで高いサウンドクオリティー
  • シンプルで高級感のあるデザイン
  • 没入感を高めてくれるノイズキャンセリング搭載
  • 耳に馴染む装着感
  • Qiワイヤレス充電に対応

イヤホン本体は、JBLのロゴが入った、シンプルでクールなデザインが好印象です。
IPX4の防水性能で、多少の雨や汗などから守ってくれます。

ロゴ入りで高級感を感じる

重量は実測で、片側7グラムと軽量なタイプになっています。

購入時は、通電がされないように保護テープが貼ってありました。

耳への馴染みが素晴らしいデザインで、装着感はとても良く感じました。

イヤーピースは購入時Mサイズが装着
テッチ

テッチ

ボクの耳にはかなり相性のいいイヤホンです!

本機には「装着センサー」が搭載されているので、イヤホンを外すと音楽が停止、装着すると再生開始を自動で切り替えてくれます。

本体表面のロゴ部分はタッチセンサーになっていて、イヤホン側からさまざまなコントロールが可能になります。

ケースは角が取られた丸みのあるデザインで、手馴染みは抜群。
オールブラックのカラーリングと、さりげなく刻まれたJBLのロゴがたまりません。

片手に収まるサイズ感は絶妙で、持ち運びはとても容易です。

ケースとイヤホンをあわせた重量は、実測で69グラムとかなりの軽量モデルです。

FRISKとの大きさの比較をしてみました。
「JBL CLUB PRO + TWS」のコンパクトさが、おわかりいただけるかと思います。

さらにボクが普段愛用しているイヤホンとも、大きさを比較してみました。

左:BOSE QuietComfort Earbuds
中央:JBL CLUB PRO + TWS
右:SONY WF-1000XM3

底面にはリセットボタンUSB-Cの充電端子充電残量を表すLEDが搭載されています。
10分の充電で1時間使用できる急速充電に対応しているので、急な充電切れにもすばやく対応できます。

さらに本機は、「Qiワイヤレス充電」に対応しているので、対応充電器に置くだけで充電が可能です。

充電中は、底面のインジゲーターが点灯します。

ケースを開いた状態です。
イヤホン、ケースともしっかりとしたマグネットが搭載されているので、収まり具合もとてもいいです。

パワフルでクオリティーの高いサウンドと、ノイズキャンセリング搭載、さらにコンパクトでワイヤレス充電も可能な本機は、正直デメリットを感じさせない素晴らしいモデルになっています。

TOTAL

9.5

  • パワフルでクオリティーの高いサウンド
  • コンパクトで持ち運びに便利
  • ワイヤレス充電に対応
  • ノイズキャンセリングは若干弱め

10

音質

10

機能性

9.5

装着感

9.5

コスパ

関連記事【JBL CLUB PRO + TWSレビュー】パワフルな低域と楽器のリアルなサウンドが伝わる!ノイキャン搭載のコンパクトな完全ワイヤレスイヤホン!

目次に戻る

SONY WF-1000XM3

SONY WF-1000XM3」は防水機能はありませんが、重低音とハイレゾ級の高音質が自慢の完全ワイヤレスイヤホンです。

おすすめポイント
  • 高品質なノイズキャンセリング機能でノイズを低減。
  • 外音取り込みモードで周囲の音に注意しながら音楽が聞ける。
  • 完全ワイヤレスでもハイレゾ級の音質を楽しめる。
  • ケースを含めて最大24時間のロングバッテリー。
  • 10分の充電で90分再生できる急速充電に対応。

イヤホン本体はシンプルでマットな質感。

丸い部分はタッチセンサーになっていて、さまざまなコントロールが可能です。

防水、防滴には非対応なので注意してください。

イヤーピースは購入時にMサイズが装着されています。

ノイズキャンセリングの効果を最大限に活かすためにしっかりフィットしたイヤーピースを選びましょう。

重量は片耳で約8g。
ワイヤレスイヤホンの中では重量がある方ですが、装着するとバランスが良く特に重さを感じることはありません。

高級感を感じる色合いと質感が素晴らしいケース。

サイズ感は手のひらに収まってくれますが大きめです。

イヤホン収納時はケースにマグネットがついているので「パチっと」気持ちよく収まってくれます。

イヤホンを含めた重量は93g。
大きさの割に重さは感じません。

充電端子は表裏がないタイプの「USB-C」端子です。

筆者が一番愛用しているおすすめの完全ワイヤレスイヤホンです。

防水機能はありませんが、それを上回るハイレゾ級の高音質で、低音も気持ちよく鳴ってくれます。

さらに解像度も高くバランスが最高です!

TOTAL

9.5

  • ハイレゾ級の高音質
  • ロックとの相性バツグン
  • 解像度が高く重低音も迫力のサウンド
  • ケースは大きめ
  • 防水機能がない

10

音質

9

機能性

9

装着感

9

コスパ

関連記事【SONY WF-1000XM3レビュー】ノイキャン搭載でとにかく音がいい!防水機能は無いがそれ以上の価値を与えてくれる完全ワイヤレスイヤホン!

目次に戻る

Bose QuietComfort® Earbuds

Bose QuietComfort® Earbuds」は強力なノイズキャンセリングと迫力のサウンドが魅力の完全ワイヤレスイヤホンです。

おすすめポイント
  • 最強レベルのノイズキャンセリング
  • 低音豊かな最高クラスの音質
  • 外れにくさと快適性抜群の装着感
  • Qi(ワイヤレス)充電に対応

イヤホン本体は『BOSE』のロゴが入った見た目にも高級感あふれる一品。
最大6時間の連続再生が可能で、IPX4の防滴仕様もあり汗や雨などから本体を守ってくれます。

あらゆる方向からの水の飛まつを受けても有害な影響を受けない。

本体中央の部分はタッチ操作が可能でさまざまなコントロールができるようになっています。

コントロール操作方法
再生/一時停止右イヤホンを続けて2回タップ
曲送り左イヤホンを長押し(設定変更可)
ノイズキャンセリング左イヤホンを続けて2回タップ
電話を受ける右イヤホンを続けて2回タップ
着信拒否右イヤホンを長押し
通話終了右イヤホンを続けて2回タップ
音声アシスタント右イヤホンを長押し
バッテリー残量の確認左イヤホンを長押し(設定変更可)

曲戻しと音量調整はイヤホン側からコントロールできないのでご注意下さい。

イヤーチップはBOSE独自の『StayHear Maxイヤーチップデザイン』。
柔らかいシリコン素材と円錐型のノズルで快適なつけごこちが得られ、飛び出たウィング部分がしっかり耳にフィットしてくれるので、そうかんたんに外れることはないです。

重量は片側で約9.5グラムと完全ワイヤレスイヤホンの中では重いほうですが、フィット感のよさからつけていることを忘れてしまうような感覚があります。

充電ケースもさすがの高級感。
さらさらとした手触りで汚れなどはつきにくい材質になっています。

底面には技術表記が記載されています。

充電端子は表裏のない『USB-C』を採用。

さらに『BOSE QuietComfort Earbuds』はQi(ワイヤレス)充電に対応しています。
ワイヤレス充電器(別売り)とあわせることでケーブルレスでの充電ができるのが非常に便利です。

やはり最強レベルのノイズキャンセリングがとにかくすごいイヤホンです。

圧倒的な静寂の中で、豊かな低音が効いたサウンドはとても快感を得られます。

TOTAL

9.5

  • 最強レベルのノイズキャンセリング
  • 外れにくさと快適性抜群の装着感
  • 豊かな低音の高音質
  • ケースは大きめ

9.5

音質

10

機能性

10

装着感

8

コスパ

関連記事【BOSE QuietComfort Earbudsレビュー】最高峰の音質とノイキャン!快適な装着感も全てがすばらしい完全ワイヤレスイヤホン!

目次に戻る

Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro

Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro」は1万円台前半でノイキャン、外音取り込み搭載の多機能かつ高音質な完全ワイヤレスイヤホンです。

おすすめポイント
  • 1万円台前半でノイキャン、外音取り込み搭載
  • ワイヤレス充電に対応
  • 質感の高い本体
  • アプリでのカスタマイズ製が高い

ケースはブラックのカラーリングマットな質感がとてもいい感じ。さりげなく入ったロゴも好印象です。

手に収まるサイズ感で持ち運びの際のポケットへの収まりも良好です。

ケースのフタはスライド式を採用。スムーズな開閉でイヤホンの取り出しも容易です。

イヤホン本体はブラックとグレーのカラーリングがマッチしたソリッドな質感。

ノズル部分はタッチセンサーを搭載で、さまざまなコントロールがイヤホン側から可能です。

音楽再生

再生・一時停止2回タップ(右)
スキップ2回タップ(左)

電話操作

着信応答2回タップ(右・左)
現在の通話を保留して、新規着信に応答2回タップ(右・左)
通話終了・着信拒否2秒間長押し(右・左)
保留中の通話と現在の通話を切り替える2秒間長押し(右・左)

モード切り替え

ノイズキャンセリング・標準2秒間長押し(右・左)

付属のイヤーピースはこれでもか!というほどのラインナップ。一般的なワイヤレスイヤホンは3種類ほどが標準ですが、本機はイヤホン本体に装着済のものも合わせて9種類(XXXS〜XL)と豊富に揃えられています。

テッチ

テッチ

安心のフィット感が見つかります!

イヤホン本体と合わせた重量は62グラムでした。

対応アプリでは、イコライザーやノイズキャンセリングなどを細かく設定することができ、カスタマイズ性が非常に高くなっています。

Soundcore

Soundcore

Power Mobile Life LLC無料posted withアプリーチ

音質は量感のある豊かな低音で迫力のサウンドが楽しめ、価格以上のレベルの高さを感じるものでした。

テッチ

テッチ

ロックやEDMなどとの相性がとてもいいです!

TOTAL

  • 1万円台前半でノイキャン、外音取り込み搭載
  • ワイヤレス充電に対応
  • アプリでのカスタマイズ製が高い

9

音質

9

機能性

8

装着感

10

コスパ

関連記事【Anker Soundcore Liberty Air 2 Proレビュー】ノイキャン、音質にこだわりながら価格を抑えた高コスパ完全ワイヤレスイヤホン!

目次に戻る

Jabla Elite 75t

「Jabla Elite 75t」は重低音と機能性にすぐれた完全ワイヤレスイヤホンです。

おすすめポイント
  • 迫力の重低音サウンド
  • コンパクトなケース
  • 後付とは思えないノイキャン性能
  • 便利なマルチポイントに対応
  • 通話品質の良さ

「Jabra Elite 75t」はデンマークのヘッドセットブランドである、Jabraから発売されている完全ワイヤレスイヤホンです。

ケースは「Jabra」のロゴが入ったオールブラックのシンプルなデザイン。さらさらとしたマットな質感で手馴染みのよさを感じます。

本体背面には、充電用のUSB-C端子が備わっています。

15分の充電で1時間使用可能なクイックチャージにも対応

MEMO

機能は同じで、ワイヤレス充電に対応したモデルもあります。

ケースの奥行きは抑えられ、持ち運びの際もポケットなどに入れやすい大きさ。

ケースを開いた状態。ケースは自立が可能でイヤホンの取り出しやすさも快適です。

テッチ

テッチ

強力なマグネットでケースにしっかりとおさまります!

イヤホン本体は、丸みを帯びたデザインでコンパクトな設計。マットな質感で、大人の高級感を感じる仕上げになっています。

テッチ

テッチ

クールでカッコイイです!

ロゴ部分は物理ボタンになっていて、イヤホン側からさまざまなコントロールが可能になります。

音楽再生

  • 再生/停止 → R側を1回押す
  • 曲送り → L側を2回押す
  • 曲戻し → L側を3回押す
  • 音量を上げる → R側を長押し
  • 音量を下げる → L側を長押し
  • ノイズキャンセリング/外音取り込み → L側を1回押す

通話

  • 電話を受ける → L or R側を1回押す
  • 着信拒否 → L or R側を2秒間長押し
  • 通話終了 → L or R側を1回押す

その他

  • 手動でペアリングモード → 左右のボタンを3秒間長押し
  • 音声アシスタント → R側を2回押す

マイク性能も高く、ヘッドセットメーカーならではのすぐれた通話品質で、リモートワークに役立ちます。

本体内側には「L・R」の表記もあり、左右の識別もわかりやすくなっています。

耳に馴染んでくれるコンパクトなデザインで、装着感も良好です。

イヤーピースをはずした状態です。イヤーピース装着部分はかなり短いため、純正以外はなかなか合うものがないのが現状です。

イヤホン単体の重量は、両側合わせて12グラムと軽量な部類になります。

ケースを含めた重量は45グラムでした。

マルチポイントにも対応したリモートワークにも最適な1台!

ノイキャンやアプリの使用感もよく、重低音サウンドと機能性にすぐれたイヤホンです。

マルチポイントとは?

2台のデバイスを同時に接続しておくことで、それぞれの機器からコンテンツを再生するとイヤホン側が自動で切り替えてくれる便利な機能です。

TOTAL

  • 迫力の重低音サウンド
  • コンパクトなケース
  • マルチポイントに対応
  • 他社のイヤーピースの選択肢が少ない

9

音質

10

機能性

9

装着感

10

コスパ

関連記事【Jabla Elite 75tレビュー】重低音と機能性にあふれた完全ワイヤレスイヤホン

目次に戻る

SONY WF-SP800N

SONY WF-SP800N」は重低音とノイズキャンセリング機能が搭載された完全ワイヤレスイヤホンです。

おすすめポイント
  • 「EXTRA BASS」搭載で迫力の重低音
  • スポーツに最適な装着感と防水性能
  • ノイズキャンセリング、外音取り込みでノイズをシャットアウト
  • 10分充電で60分再生可能な急速充電

IP55の防水機能が搭載されていて汗などの水分からイヤホンを守ってくれます。

ランバーサポート付きのイヤーピースでランニングなどのスポーツ時でもイヤホンがはずれにくく、集中できる環境を作ってくれます。

イヤホンケースは「SONY」ロゴが入ったシンプルで洗練されたデザイン。

ケース収納時は絶妙な角度でイヤホンが収納されているので、取り出しやすさが抜群にいいです。

かなりの重低音ながら高音域の抜けもなかなか良いサウンド。

装着感や防水性能などスポーツ時に強いモデルですが、普段使いにも最適です。

TOTAL

8

  • スポーツ時に強い防水性能
  • 外れにくいイヤーピース
  • 脳内を揺らす重低音
  • 音の解像度が多少弱い
  • 価格が高い

7

音質

10

機能性

9

装着感

7

コスパ

関連記事【SONY WF-SP800Nレビュー】重低音とノイキャンの最強タッグ!スポーツ時に最適な完全ワイヤレスイヤホン!

目次に戻る

SONY WF-XB700

SONY WF-XB700」はコンパクトなケースで持ち運びに便利で、重低音に特徴がある完全ワイヤレスイヤホンです。

おすすめポイント
  • 「EXTRA BASS」搭載で迫力の重低音
  • 1万円台の高コスパな価格設定
  • 安心のIPX4防水性能
  • 左右同時伝送方式で安定した接続
  • 持ち運びに便利なコンパクトなケース

イヤホン本体は「IPX4」の防水機能でスポーツ時や雨でも平気で使用可能。
ザラザラとした質感でシンプルに「SONY」のロゴが入っています。

音声コントロールは物理ボタンで操作。
タッチセンサーと違って誤動作がないのです。

ケースもイヤホンと同様ザラザラとした手触りで指紋などはつきにくい材質です。
こちらも「SONY」のロゴが控えめに入っています。

ケースを開いた状態で自立してくれるのはとても使いやすいポイント。

デスク上などではとても取り出しやすいです。

「EXTRA BASS」搭載で迫力の重低音が魅力で、ライブ会場にいるような臨場感が味わえます。

ノイズキャンセリングは非搭載ですが、装着感もよくとても使いやすいイヤホンです

TOTAL

7.5

  • 一万円台で購入できるコスパの高さ
  • コンパクトで持ち運びやすい
  • 脳内を揺らす重低音
  • 音の解像度が弱い
  • ノイズキャンセリング非対応

7

音質

6

機能性

8

装着感

9

コスパ

関連記事【SONY WF-XB700レビュー】重低音ファンにささげる!ライブ会場にいるような臨場感を味わえる完全ワイヤレスイヤホン!

目次に戻る

radius HP-V700BT

radius HP-V700BT」は深みのある重低音が魅力の完全ワイヤレスイヤホンです。

おすすめポイント
  • パワフルでキレのある重低音サウンド
  • 豊富な対応コーデック
  • Qualcomm「QCC3040」による接続の安定性
  • 高級感のあるデザイン

ケースはなかなかのボリュームがあるタイプです。ブラックでさらさらとした手触りで指紋などはつきにくい印象です。

手に収まる大きさではありますが、厚みはかなりしっかりしているので持ち運び時の収納はやや困るところ。

テッチ

テッチ

パンツのポケットだと収まりはよくないですね…。

ケース自体は自立が可能になります。

正面から見たときも、下部にさりげなくモデル名が入っているだけでシンプルです。

背面には充電用のUSB-Cの端子があります。最近のトレンドになりつつある、ワイヤレス充電には対応していないのは多少残念なところ。

底面には機器の仕様などが記載されています。

ケースを開くとイヤホンがしっかりと収まっています。

ケースの内部にはバッテリー残量を表すLEDが内蔵されています。

LEDバッテリー残量
○○○○100%〜75%
○○○74%〜50%
○○49%〜25%
24%〜1%

イヤホン本体はブラックをメインカラーとした中で、中央のゴールド部分がアクセントになっています。

テッチ

テッチ

高級感を与えてくれるルックスです!

IPX4の防水性能を備えているので、軽い汗や雨から本体を守ってくれます。さらに音楽コントロールなどはタッチ操作が可能です。

タッチ操作方法左イヤホン右イヤホン
再生/停止1回タップ
1回タップ
曲送り1回タップ
曲戻し1回タップ
音量UPロングタップ
音量DOWNロングタップ
電話を受ける1回タップ
1回タップ
着信拒否2回タップ
●●
2回タップ
●●
終話1回タップ
1回タップ
モード切り替え3回タップ
●●●
3回タップ
●●●

本体背面には「L・R」の表記があるので装着時やケース収納時に左右を間違えることがありません。

イヤーピースを含め本体はかなり耳の奥に入り込むかたちです。

イヤーピースはラディウス独自の「ディープマウントイヤーピース」を採用
従来のイヤーピースとは異なり、耳のより奥でフィットする形状で安定した装着感と高い遮音性により、低音豊かな楽曲再生を実現してくれます。

深みのある重低音サウンドは、さすがといえる高音質!

付属のイヤーピースもフィット感がよく、サウンド面に貢献してくれています。

TOTAL

9

  • パワフルでキレのある重低音サウンド
  • 豊富な対応コーデック
  • Qualcomm「QCC3040」による接続の安定性
  • 外音取り込みは微妙
  • ホワイトノイズが多少気になる

9

音質

7

機能性

9

装着感

9

コスパ

関連記事【radius HP-V700BTレビュー】深みのある迫力の重低音!ハイブリッドドライバー構造の高音質なワイヤレスイヤホン!

目次に戻る

radius HP-V500BT

radius HP-V500BT」は低音重視のバランスの良いサウンドが特徴の完全ワイヤレスイヤホンです。

おすすめポイント
  • 低音重視のバランスの良いサウンド
  • 豊富な対応コーデック
  • Qualcomm「QCC3040」による接続の安定性
  • 高級感のあるデザイン

ケースはなかなかのボリュームがあるタイプです。ブラックのシンプルなデザインが好印象。

コンパクトなケースの「JBL CLUB PRO + TWS」と比較すると、ひとまわりほど本機が大きく感じます。

テッチ

テッチ

持ち運びはカバンに入れるのが良さそうです!

ケースは自立が可能。上部にはさり気なくロゴが入っています。

背面には充電用のUSB-Cの端子があります。最近のトレンドになりつつある、ワイヤレス充電に対応していないのは多少残念なところ。

ケースを開くとイヤホンがお目見え。イヤホンとケースはマグネットでしっかりとくっついてくれるので収納時も安心です。

テッチ

テッチ

磁力は強めでしっかりと収まってくれます!

ケースの内部にはバッテリー残量を表すLEDが見えます。

LEDバッテリー残量
○○○○100%〜75%
○○○74%〜50%
○○49%〜25%
24%〜1%

イヤホン本体は目が覚めるような鮮やかなレッドが印象的。

IPX4の防水性能を備えているので、軽い汗や雨から本体を守ってくれます。さらに音楽コントロールなどはタッチ操作が可能です。

タッチ操作方法左イヤホン右イヤホン
再生/停止1回タップ
1回タップ
曲送り1回タップ
曲戻し1回タップ
音量UPロングタップ
音量DOWNロングタップ
電話を受ける1回タップ
1回タップ
着信拒否2回タップ
●●
2回タップ
●●
終話1回タップ
1回タップ
モード切り替え3回タップ
●●●
3回タップ
●●●

本体背面には「L・R」の表記があるので装着時やケース収納時に左右を間違えることがありません。

イヤーピースを含め本体はかなり耳の奥に入り込むかたちです。

重低音ながら全体的な音域のバランスがとれたサウンドが特徴です。

動画視聴でも遅延はなく、さまざまな用途に使用できます。

TOTAL

8

  • 低音重視の迫力のサウンド
  • 鮮やかなカラーリング
  • 豊富な対応コーデック
  • ホワイトノイズが多少気になる
  • 充電ケースが大きい

8

音質

7

機能性

8

装着感

9

コスパ

関連記事【radius HP-V500BTレビュー】低音重視の高音質!Bluetooth5.2対応の完全ワイヤレスイヤホン!

目次に戻る

BOSE SoundSport Free wireless headphones

BOSE SoundSport Free wireless headphones」はスポーツ時に強い効果を発揮してくれる完全ワイヤレスイヤホンです。

おすすめポイント
  • 「BOSE」ならではの重低音サウンド
  • はずれにくいイヤーピースでスポーツ時も安心
  • IPX4の防水性能
  • 紛失してもアプリで探すことができる

イヤホン本体は光沢があり「BOSE」のロゴが特徴的。
サイズは結構大きめです。

BOSE独自のイヤーピースでスポーツ時でもはずれにくい設計がなされています。

イヤホンケースにも「BOSE」のロゴ入り。


ケースはなかなかの大きさで持ち運びには多少ジャマになるのが難点。

BOSEならではの迫力のある重低音が楽しめるイヤホンです。

ノイズキャンセリングはありませんが、装着感、防水性能などスポーツ時はかなり役立ってくれる機能が充実しています。

TOTAL

7.5

  • 装着感が良い
  • スポーツに適した機能性
  • キレの良い重低音
  • 使用時間が短い
  • ケースが大きい

8

音質

7

機能性

9

装着感

7

コスパ

関連記事【BOSE SoundSport Free wireless headphonesレビュー】完全ワイヤレスイヤホン最高峰の音質、装着感などを求めるならこれ!

目次に戻る

ANKER Soundcore Liberty Air 2

ANKER Soundcore Liberty Air 2」は低価格ながら素晴らしい重低音が特徴なコスパの高い完全ワイヤレスイヤホンです。

おすすめポイント
  • 1万円以下で買える高コスパ
  • IPX5の高い防水性能
  • 最大28時間の長時間再生
  • Amazonで大人気のイヤホン

ブラックカラーがクールなイヤホン本体。
タッチセンサーつきでイヤホンからさまざまなコントロールが可能です。

イヤーピースは付属の5種類から選ぶことが可能。
1万円以下とは思えないようなサウンドで気持ちの良い重低音が音楽を聴く楽しみを与えてくれます。

イヤホンケースはこの価格帯ながらワイヤレス充電に対応するスグレモノ。
ワイヤレス充電はコードを差し込むひと手間をはぶいてくれる最高の充電スタイルです。

サウンドはドンシャリ傾向の強い音。

低価格ながらしっかりした低音と解像度の高い音はとてもコスパが高いです。

TOTAL

7.5

  • コスパが高い
  • 価格以上の音質
  • ワイヤレス充電に対応
  • 中音域が弱い
  • ドンシャリ好きにはいいかも?

6

音質

8

機能性

7

装着感

10

コスパ

関連記事【ANKER Soundcore Liberty Air 2 レビュー】音楽も通話も高音質!ワイヤレス充電も可能な完全ワイヤレスイヤホン

目次に戻る

JVC HA-XC50T

「JVC HA-XC50T」は重低音と耐久性にすぐれた完全ワイヤレスイヤホンです。

おすすめポイント
  • キレの良い重低音で迫力のサウンド
  • 「TRIPLE PROOF」に対応した耐久性の高さ
  • 豊富なカラバリ
  • コンパクトで軽量なイヤホン
  • 安定したワイヤレス接続

JVCの重低音が特徴の「xx」シリーズのロゴが入ったイヤホン本体。
ロゴの部分は物理ボタンになっていてさまざまなコントロールが可能になっています。

サイドには「JVC」のロゴが入っています。
この部分は「タフラバープロテクター」といい、イヤホンを衝撃から守ってくれます。

イヤホン本体はIP55の防水性能があり汗や水などから本体を守ってくれます。

充電ケースはマットな質感でしっかりした作りになっています。

フタの部分には「XX」シリーズのロゴが入っています。

充電ケースのサイズ感をフリスクと比較。
厚みがなかなかあるのでポケットなどに入れて持ち運ぶには不便を感じます。

TOTAL

7

  • キレの良い重低音
  • 耐久性の高い作り
  • コスパが高い
  • ケースが大きい

7

音質

7

機能性

6

装着感

8

コスパ

関連記事タフな作りと重低音が魅力!色々な場面で活躍してくれる完全ワイヤレスイヤホン!

【重低音が魅力の完全ワイヤレスイヤホンおすすめ12選】まとめ

重低音が魅力の完全ワイヤレスイヤホンを紹介しました。

どれも重低音が特徴のサウンドで、実際に使ってみておすすめできる完全ワイヤレスイヤホンです。

重低音の効いたサウンドで、大好きな音楽を楽しんでいただきたいです。

テッチ

テッチ

迫力の重低音サウンドはとても気持ちがいいですよ!自分にあったものを選んでもらえたらうれしいです!

最後までありがとうございました。

価格別のおすすめ
機種名「JBL CLUB PRO + TWS」「SONY WF-1000XM3」「Bose QuietComfort® Earbuds」「Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro」「Jabla Elite 75t」「SONY WF-SP800N」「SONY WF-XB700」「radius HP-V500BT」「radius HP-V500BT」「BOSE SoundSport Free」「ANKER Soundcore Liberty Air 2 」「JVC HA-XC50T」
製品画像
再生時間イヤホン単体:6時間
ケース込み:24時間
イヤホン単体:6時間
ケース込み:24時間
イヤホン単体:6時間
ケース込み:18時間
イヤホン単体:6時間
ケース込み:21時間
イヤホン単体:5.5時間
ケース込み:28時間
イヤホン単体:9時間
ケース込み:18時間
イヤホン単体:9時間
ケース込み:18時間
イヤホン単体:11時間
ケース込み:50時間
イヤホン単体:11時間
ケース込み:50時間
イヤホン単体:5時間
ケース込み:15時間
イヤホン単体:7時間
ケース込み:28時間
イヤホン単体:4時間
ケース込み:14時間
Bluetooth5.15.05.15.05.05.05.05.05.05.05.05.0
コーデックSBC・AACSBC・AACSBC・AACSBC・AACSBC・AACSBC・AACSBC・AACSBC・AAC・aptX・aptX AdaptiveSBC・AAC・aptX・aptX AdaptiveSBC・AACSBC・AAC・apt-XSBC・AAC
防水性能IPX4非対応IPX4IPX4IP55IP55IPX4IPX4IPX4IPX4IPX5IP55
イヤホン形状カナル型カナル型カナル型カナル型カナル型カナル型カナル型カナル型カナル型カナル型カナル型カナル型
ノイズキャンセリング非対応非対応非対応非対応非対応非対応
外音取り込み非対応非対応非対応非対応
充電端子USB-C・ワイヤレス充電USB-CUSB-C・ワイヤレス充電USB-C・ワイヤレス充電USB-CUSB-CUSB-CUSB-CUSB-CUSB-CUSB-C・ワイヤレス充電Micro-USB
Amazonでお得にお買い物をする方法

Amazonでお得にお買い物をするならAmazonギフト券の購入がおすすめです。

テッチ

テッチ

現金チャージで、チャージ額×最大2.5%分のポイントがもらえますよ!

Amazonプライム会員ならぜひ使うべき!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です