Amazon 5日間のビッグセール開催中!

【CZUR Shine レビュー】本や書類を素早くかんたんにデジタル化!ポータブル性にもすぐれたスマートスキャナー!

4 min

この記事について

本記事は、本や雑誌、書類などをすばやくデジタル化できるスキャナー「CZUR Shine」を実際に使用してみて感じた特徴、外観や使い方などを紹介していきます。

ペーパーレス化が進む中で、電子書籍などのデジタル化した本なども今ではたくさんありますが、

通常の紙の本や雑誌、マンガなどもまだまだ存在します。

テッチ

テッチ

どちらにも良さがありますよねー!

通常の本や雑誌などで困ってしまうのが増えてきてしまった場合の置き場所です。

本を置くための部屋などを確保できる場合は別ですが、日本の住宅環境ではなかなか難しいところ。

テッチ

テッチ

本や雑誌などは読み返すことも多いのでなかなか捨てられないですよね。

そこで役に立つのが、本や雑誌、書類などをすばやくデジタル化できるスキャナー「CZUR Shine」です。

「CZUR Shine」は

  • 瞬時にデジタル化が可能
  • コンパクトで持ち運びが容易
  • かんたん接続

などの特徴があり、本体とPCをつなぐだけのかんたんなセッティングですぐにスキャンを開始できる手軽さが魅力。

オフィスでは書類や名刺、家庭では捨てられない本や雑誌などのデジタル化に貢献してくれます。

テッチ

テッチ

持ち運びも可能なサイズ感なので、使用用途がひろがります!

それでは本や雑誌、書類などをすばやくデジタル化できるスキャナー「CZUR Shine」をレビューしていきます。

Makuake

本製品はクラウドファンディングサイト「Makuake」にてプロジェクト支援することで購入が可能になります。

本記事はメーカー様から製品を提供いただき作成しています。

Sponsored Links

【CZUR Shine】付属品

重厚感を感じるブラックの外箱に入ってきました。
おしゃれな雰囲気が漂ってきます。

付属品一覧
  • 本体
  • 取説
  • 撮影用マット
  • USBケーブル
  • フットペダル
  • 指サック

撮影時に下に敷くマットになります。

箱の中にはUSBケーブル、フットペダル、指サックが入っています。

本体とPCを接続するUSBケーブル。

「CZUR」のメーカー名が入っていました。

USB-A to Bケーブルです。

スキャン時はフットペダルでも制御が可能です。

クリック感のあるしっかりとした踏み心地のペダルになっています。

本体とはUSBでの接続になります。

本を押さえるための指サックです。

裏には滑り止めもついています。

【CZUR Shine】外観と特徴

「CZUR Shine」の特徴
  • 持ち運びに便利な軽量&コンパクトなボディ
  • オートフォーカス搭載で本を置くだけでスキャンができる
  • 1ページあたり1秒の高速スキャン
  • クリアなスキャン品質

ブラックのボディーがクールな外観。
さらさらとした手触りで、高い質感を感じます。

横からみてもとてもスリムなボディーがお分かりいただけると思います。

重量は実測で「1024g」ありました。

背面にはカメラとLEDライトが見えてきます。

カメラが1つとLEDライトが2つ内蔵されています。

13フルサイズメガピクセルのカメラを搭載しているので、高解像度なスキャンが可能です。

LEDライトはかなりの光量の強さがあります。

スキャナーとして使用するときは本体をこのように開いて使用します。

台座の部分には「CZUR」のロゴが入っています。

下にはホームボタンがあります。

ホームボタンを押すライトのON/OFF
反時計回りに回すライトを暗くする
時計回りに回すライトを明るくする

PCに接続すると電源がONになり、LEDが点灯します。

テッチ

テッチ

ACアダプターなどは必要なく、PCから電源供給されるので便利です!

底面はゴム足がついているので滑りにくくなっています。

底面のくぼみ部分にはUSBとフットペダルの接続端子があります。

ケーブルを通す穴があいているのでケーブルがジャマにならずに接続できます。

【CZUR Shine】使用方法

「CZUR Shine」の使用方法を解説していきます。

  1. STEP

    本体をデスクなどに設置して付属のマットを敷きます。

  2. STEP

    本体とPCを付属のUSBケーブルで接続します。

  3. STEP

    ソフトをインストールして立ち上げます。

  4. STEP

    スキャンしたいものに設定を変更します。

  5. STEP

    本などをセットしてスキャンを開始します。

【CZUR Shine】使ってみた感想

「CZUR Shine」を実際に使ってみた感想です。

カタログなどの薄いものや厚みのある本など複数でスキャンを試してみました。

画質は良く、書類などの薄いものには最適

まずは薄いカタログをスキャンしてみました。

とても高精細でしっかりスキャンすることができました。

使用したカタログはツルツルとした反射するタイプの紙なので、中央部分にスキャナー本体のLEDが反射してしまいます。

こちらは上からではなく横から照らせるオプションパーツがあり、上位機種だと最初から備わっているようです。

テッチ

テッチ

ライトの調整はむずかしい印象をうけました。

こだわる方は上位機種などを考えるのが良さそうです。

目次に戻る

厚い本はうまくスキャンできないことがある

厚みのある本は「湾曲した本」に設定してスキャンをはじめます。

中央に点線が表示されるのでそこに本の中央を合わせます。

湾曲のある状態でセットしてもスキャン時には自動で補正してくれます。

しかし、マンガなどの絵が入るとうまくスキャンできないことがけっこうありました。

テッチ

テッチ

なぜか絵が入ると失敗率があがってしまいます。

付属の指サックを使って本をしっかり広げた状態だと100%ではないですが改善されます。

しかし大量のページなどをスキャンする場合は手で抑えるのが疲れてしまうのでここは少し残念なポイントでした。

目次に戻る

自動ページめくり機能はあるが精度はイマイチ

「CZUR Shine」にはページをめくると自動でスキャンを開始してくれる機能があります。

これはとても便利!

と思いましたが、結果はイマイチ。

ページめくりを検知ではなく少しでも動くとスキャンを開始してしまうので、ページめくりをしている最中の全く関係ないところをスキャンされてしまいます。

メリット
デメリット
  • 薄い本や書類などはしっかりスキャンできる
  • 画質はとてもきれい
  • 操作がかんたん
  • 厚い本はうまくスキャンできないことがある
  • 自動めくり検出の精度がいまいち

【CZUR Shine】まとめ

「CZUR Shine」をレビューしました。

  • 厚い本はうまくスキャンできないことがある
  • 自動めくり検出の精度がいまいち

などのデメリットを感じるところもありましたが、

持ち運びも可能なサイズ感かんたん操作でスキャンができ、画質もきれいなので、手軽に書類や書籍などをデジタル化するには最適です。

また「ソフトウェアのバージョンアップも定期的に実施」と公式のアナウンスもあるので、デメリット部分の解消や機能の追加なども期待できるものとなっています。

テッチ

テッチ

本や雑誌、書類のデジタル化をかんたんにしたいとお考えの方はぜひご検討下さい!

最後までありがとうございました。

Makuake

本製品はクラウドファンディングサイト「Makuake」にてプロジェクト支援することで購入が可能になります。

Sponsored Links
カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です