『Amazon Music Unlimited』3ヶ月無料キャンペーン実施中!

【JBL CHARGE4レビュー】スマホの音を迫力のサウンドにしてくれる!最大20時間の連続再生と防水性にすぐれたBluetoothスピーカー!

5 min

この記事について

本記事はJBLのBluetoothスピーカー『CHARGE4』を実際に使ってみての感想を書いています。
迫力のある深い低音が特長的で高い防水性能もあり、アウトドアや室内などどこでもJBLサウンドが楽しめるBluetoothスピーカーです。

JBL CHARGE4』はスマートフォンなどの音楽を無線で高音質に楽しめるBluetoothスピーカーです。

JBLのBluetoothスピーカーの中では中型サイズに属する本機は、

  • 深みのある迫力の低音
  • 臨場感あふれるサウンド
  • 大容量バッテリー搭載で20時間の連続再生

など小型機には出せないサウンドや特長を持っています。

また高い防水性能や堅牢性も備わっているので、アウトドアや自宅でのお風呂やキッチンなどの水がかかるような場所でも心配することなく音楽を楽しむことができます。

テッチ

テッチ

サイズ以上の迫力のあるサウンドが手軽に楽しめます!

それでは『JBL CHARGE4』を紹介していきます。

「JBL CHARGE4」
  • 深みのある低音
  • IPX7の高い防水性能
  • 大容量のバッテリー
  • 起動音が大きい
  • サイズはまあまあ大きい

8

音質

6

携帯性

10

防水性能

9

再生時間

Sponsored Links

【JBL CHARGE4】 概要

JBL CHARGE4の特長

  • 7,500mAh大容量バッテリー搭載で20時間の連続再生、スマホやタブレットの充電が可能
  • アクティブシーンに映える豊富なカラーバリエーション
  • 大口径ドライバーを採用した、JBLらしいパワフルな音質
  • アウトドアに最適な、防水(IPX7)対応
  • JBL Connect+対応で100台以上の接続が可能
  • USB Type-C充電端子を搭載
JBL CHARGE4
BluetoothバージョンBluetooth4.2
実用最大出力30W
防水性能IPX7
対応コーデックSBC
再生時間20時間
充電時間約4時間
充電端子USB-C
サイズ220 x 95 x 93mm
重量約960g

スペックで気になるところは

  • Bluetoothバージョンが4.2
  • 対応コーデックがSBCのみ

などがありますが特に音切れなどはありませんでした。

iPhoneでの高音質コーデックといわれている「AAC」にも対応していませんが、実際に音楽を聴いてみるととてもいい音で楽しむことができたので、特に気にすることはないポイントかと思います。

【JBL CHARGE4】 外観、付属品

今回選んだカラーは「スクワッド」と呼ばれる迷彩柄。
外箱は防水性能の高さを表すようなおしゃれでシンプルなパッケージになっています。

箱はマグネットで止まっていて、このように開きます。

本体はスポンジでしっかり保護されていました。

目次に戻る

付属品について

付属品はシンプルに必要最低限のものが入っていました。

付属品一覧
  • JBL CHARGE4本体
  • 充電用USBケーブル
  • クイックスタートガイド

充電用のケーブルにはUSB A to Cケーブルが付属しています。

充電器は付属していませんのでご注意ください。

目次に戻る

外観について

円筒のボディーが印象的な外観。
ファブリック素材を使ったおしゃれな見た目ながら「IPX7」の高い防水性能が備わっています。

一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない

中央には『JBL』のロゴが入っています。

手に持った感じは大きいですがファブリック素材が程よい滑り止め効果をもたらしてくれるので滑って落とすことはなさそうです。

500mlのペットボトルとの大きさの比較。
『JBL CHARGE4』がひとまわりほど大きいです。

同じJBLの『FLIP5』とも比較してみました。
『CHARGE4』の方がサイズは大きいので低音や音圧などはかなりアップしています。

関連記事【JBL FLIP5レビュー】サイズ感を超えるバランスの良い音質!高い防水性能とコンパクトなボディーで持ち運びにも便利なBluetoothスピーカー!

上部には電源やコントロール類が集約されています。
ボタン類はカチッとクリック感があり押しやすさもバツグンです。

本体左右にはパッシブラジエーターが配置されています。

底面は土台になっているのでしっかり固定して置くことができます。

背面には「CHARGE4」のロゴが入った防水カバーがあります。

この部分は開閉が可能で充電端子などが隠されています。
高い防水性能のためカバーはかなりしっかりとした作りです。

各端子類は以下の通り。

テッチ

テッチ

充電用の端子は汎用性の高いUSB-Cなのが嬉しいところです!

本体は7,500mAh大容量バッテリーを搭載しているので、給電用USBポートからスマートフォンなどを充電することも可能。

テッチ

テッチ

これはアウトドアなど電源が確保できない場所で特に役に立ちますね!

本体のバッテリー残量は下部のLEDインジケーターで確認ができます。

テッチ

テッチ

置いたときに確認しにくいのはちょっと残念です。

重量は実測で920gでした。
軽いとは言えませんが500mlペットボトル約2本分なのでそこまで苦には感じません。

【JBL CHARGE4】 接続方法

『JBL CHARGE4』はスマートフォンなどとBluetoothで接続して使用します。

接続はとてもかんたんなので手順通りに進めて行きましょう。

テッチ

テッチ

iPhoneでの接続方法を解説します!

  1. STEP

    『JBL CHARGE4』本体の電源ボタンBluetoothボタンの順に押すとペアリングモードになります。

  2. STEP

    iPhoneの設定Bluetoothから『JBL CHARGE4』をタップ

  3. STEP

    『JBL CHARGE4』が接続済みになれば完了です。

MEMO

一度ペアリングを済ませると次回からは電源をオンにするだけで自動で接続してくれます。

【JBL CHARGE4】 音質レビュー

音質に関してはひとことで言うとサイズ以上の迫力と音質の良さです。

円筒形のボディーから放たれる音は

  • 深みのある低音
  • 各楽器やボーカルの解像感の高さ
  • 音圧感のあるサウンド

などとてもクオリティーの高いものと感じました。

スピーカーは1基のみが搭載されているのでモノラルでの出力になりますが、そんなことは感じさせない音の広がりを体感できます。

テッチ

テッチ

女性ボーカルのバラードなどはとても広がりがあり心地いいです!

MEMO

『JBL CHARGE4』を2台接続することで、ステレオ再生が可能になります。
さらに最大で100台までの接続ができます。

倖田來未『愛のうた』

倖田來未の『愛のうた』を聴いてみました。
歌いだしの息づかいまでも感じられて、サビでは歌声が一気に広がるような壮大感をしっかりと感じ取ることができました。

また本体サイドにある2つのパッシブラジエーターは振動をうまく伝えている印象で、パワフルなサウンドを生み出してくれています。


音量を上げていくと振動が目に見えるので、見た目にも凄さが伝わってきます。

テッチ

テッチ

特にロックなどの曲はパワフルなサウンドが気持ちいいですよ!

ONE OK ROCK『Taking off』

ONE OK ROCKの『Taking off』も聴いてみました。
イントロすぐのギター、ベース、ドラムすべての楽器が入るところで一気に迫力のサウンドを感じました。
バンドサウンドの中でもボーカルは埋もれることなくクリアな解像感の高い音を聞くことができました。

【JBL CHARGE4】 気になるところ

起動時などの効果音が大きい

『JBL CHARGE4』は

  • 電源オンオフ
  • ペアリング成功時

に効果音が鳴りますがなかなかの音量です。

テッチ

テッチ

これは「JBL」のBluetooth製品では必ず鳴る音なのですが家族が寝静まっているときなどは迷惑な音量なんですよね…。

しかし、ここはアプリで設定変更ができるので気になる方はアプリをインストールして設定しましょう。

JBL Connect

JBL Connect

Harman International Industries無料posted withアプリーチ

続いて設定方法になります。

  1. STEP

    アプリを開いて画面下の歯車アイコンをタップ。

  2. STEP

    『オーディオ・フィードバック・サウンド』をオフにする。

MEMO

これで起動音などは鳴らなくなります。
ペアリングの確認はスマホなどのデバイス側から行いましょう。

テッチ

テッチ

これなら夜間の起動でも安心ですね!

目次に戻る

動画視聴時は多少の遅延がある

「JBL CHARGE4」はワイヤレスでの接続なので動画視聴時の遅延が気になるところです。

  • YOUTUBE
  • Amazonプライムビデオ

を視聴してみましたが、多少の遅延が発生します。

ここは対応コーデックが『SBC』のみなので仕方がないところかと思います。

テッチ

テッチ

全く見れないレベルではないですが、動画よりは音楽専用で使うことをおすすめします!

【JBL CHARGE4】 まとめ

JBL CHARGE4』をレビューしました。

数多くあるBluetoothスピーカーの中でも中型サイズの本機は小型サイズには出せない

  • 深みのある迫力の低音
  • 臨場感あふれるサウンド
  • 大容量バッテリー搭載で20時間の連続再生

などがあるので、携帯性よりはしっかりと音楽を聴きたい人におすすめしたいスピーカーです。

とはいえ高い防水性能と堅牢性、20時間の連続再生もできるのでキャンプなどのアウトドアでも真価を発揮してくれますね。

テッチ

テッチ

さまざまなシーンで活躍してくれる万能なBluetoothスピーカーです!

最後までありがとうございました。

「JBL CHARGE4」
  • 深みのある低音
  • IPX7の高い防水性能
  • 大容量のバッテリー
  • 起動音が大きい
  • サイズはまあまあ大きい

8

音質

6

携帯性

10

防水性能

9

再生時間

Amazonでお得にお買い物をする方法

Amazonでお得にお買い物をするならAmazonギフト券の購入がおすすめです。

テッチ

テッチ

現金チャージで、チャージ額×最大2.5%分のポイントがもらえますよ!

Amazonプライム会員ならぜひ使うべき!

Sponsored Links
カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です