Amazon 5日間のビッグセール開催中!

【Anker Soundcore2レビュー】Amazonでの高評価にも納得!高い防水性能と高音質が魅力のコンパクトなBluetoothスピーカー!

4 min

この記事について

本記事はAnkerのBluetoothスピーカー「Soundcore2」を実際に使ってみての感想を書いています。
Amazonでの評価の高さにもうなずけるコスパの高さと、サイズ以上に迫力のあるパンチの効いたサウンドは、とても満足できるおすすめの製品です。

Anker Soundcore2」はIPX7の防水性能をもつ小型サイズのBluetoothスピーカーです。

発売されたのは2017年とやや昔になりますが、Amazonでの評価がとにかく高く、ベストセラーにも選ばれている大人気の製品。

テッチ

テッチ

実際に使ってみたら評価の高さにうなずけました!

前作の「Anker Soundcore」よりアップデートされた

  • 2つの高性能6Wドライバー
  • Ankerの独自技術BassUpテクノロジー

による深みのある低音と迫力のあるサウンドは、コンパクトなボディーからは想像できないここちよさを感じることができます。

またIPX7の高い防水性能も備わっているのでお風呂やキッチンなどの水分が多い場所でも何も気にすることなく音楽などを楽しむことができる柔軟性の高さもポイントです。

一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない

テッチ

テッチ

これで5000円以下なので満足できますよね!

それではコスパにすぐれたAmazonで高評価のBluetoothスピーカー「Anker Soundcore2」を解説していきます。

Sponsored Links

【Anker Soundcore2】概要

「Anker Soundcore2」特長

  • Bass Upテクノロジーによる迫力の重低音サウンド
  • 最大24時間の連続再生
  • IPX7の高い防水性能
  • Amazonで星4.5の高い評価
Anker Soundcore2
BluetoothバージョンBluetooth5.0
実用最大出力6W + 6W
防水性能IPX7
対応コーデックSBC
連続再生時間約24時間
充電端子MicroUSB
サイズ168 x 47 x 56mm
重量約414g

【Anker Soundcore2】付属品、外観

「Anker Soundcore2」の付属品と外観について解説していきます。

パッケージはAnkerらしいシンプルな見た目。

今回選んだカラーはクールな印象のブラックです。

カラーラインナップは3種類で以下の通り。

  • ブラック
  • ブルー
  • レッド

付属品について

付属品はこのような別箱に入っていました。
Ankerらしいメッセージが入っているのも高評価!

付属品一覧
  • 「Anker Soundcore2」本体
  • 充電用USBケーブル
  • 取扱説明書

充電ケーブルはmicroUSBのタイプが付属されていました。

電源アダプターは付属していないのでご注意ください

目次に戻る

外観について

スクエアーなボディーの外観は、ラバーのような質感でさらさらとした手触り。
中央には「ANKER」のロゴがプリントされていてシンプルでクールな仕上がりになっています。

MEMO

本体はIPX7の高い防水性能を持っているので、キッチンやお風呂などでも安心して使用することができます。

一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない

手で持ったときのサイズ感はこんな感じになります。

テッチ

テッチ

なかなかずっしりとした重みがありますが、置いたときの安定性は抜群です!

重量は実測で412グラムありました。

iPhone8とのサイズ感の比較です。

さらに同じBluetoothスピーカーの「JBL FLIP5」とも比較してみました。

左:Anker Soundcore2
右:JBL FLIP5

「Anker Soundcore2」の方がひとまわり小さいのがおわかり頂けると思います。

本体天面には「コントロールボタン」が配置されているのでスマホが手元になくても操作が可能になります。
クリック感のしっかりしたボタンで押しごこちはとてもいいです。

左右にはLEDも内蔵されていて電源やBluetoothの接続状態がひと目でわかるようになっています。

背面には「ANKER」のロゴのみが入っていました。

底面にはゴム足がついていて、置いたときの安定性も保たれるようになっています。

サイド部分には充電端子「MicroUSB」と有線接続用の「AUX IN」があります。
高い防水性能があるのでフタの部分はかなりしっかりと作られていて浸水の心配はなさそうです。

有線接続用のケーブルは付属していませんのでご注意下さい。

【Anker Soundcore2】接続方法

「Anker Soundcore2」の接続方法を解説していきます。

接続方法もかんたんなので手順通りにすすめていきましょう。

テッチ

テッチ

iPhoneでの接続方法を解説していきます!

  1. STEP

    本体のBluetoothボタンを長押ししてペアリングモードにします。

  2. STEP

    iPhoneの設定Bluetoothから「Soundcore2」をタップします。

  3. STEP

    「Soundcore2」が接続済みになっていれば接続完了です。

一度ペアリングを済ませてしまえば、次回からは電源をオンにするだけで自動的に接続されます。

【Anker Soundcore2】音質について

「Anker Soundcore2」の音質について解説していきます。

まず感じたのはサイズ以上の重低音です。

その答えはAnkerの独自技術「Bass Upテクノロジー」によるもの。

テッチ

テッチ

深みのある迫力の低音はボクの大好きなロックにピッタリのサウンドです!

中高音域は多少解像度が落ちるものの、5000円以下の価格では充分すぎる音質の良さを感じました。

コンパクトサイズながら音量もかなり大きいところまで出すことができるので、アウトドアなど大人数でBGM的に楽しむ使い方でも満足感が得られます。

また本機を2台接続することでステレオ再生が可能になるのでさらに音の広がりを楽しむ事もできます。

テッチ

テッチ

音質はとても満足できますよ!

【Anker Soundcore2】遅延について

「Anker Soundcore2」はワイヤレスでの接続なので動画視聴時の遅延が気になるところです。

  • YOUTUBE
  • Amazonプライムビデオ

を視聴してみましたが、特に気になる遅延もなく快適に楽しむことができました。

テッチ

テッチ

映画などもスマホで聴くのとは比べものにならないくらい迫力がアップしますよ!

【Anker Soundcore2】気になったところ

「Anker Soundcore2」をつかってみて以下の気になったところもありました。

  • 起動音の大きさ
  • ペアリングの接続が遅い

起動音はわりと大きな音がでるので、家族が寝静まっている深夜などには多少使いにくい印象を受けました。

ひとり暮らしのかたなどは、特に気にならないところかもしれません。

ペアリングの接続に関しては、電源オンから15秒ほどかかってしまうのが多少遅いと感じてしまいましたが、音楽再生中に途切れることなどはないので許容範囲には感じました。

テッチ

テッチ

接続は多少遅いですが、繋がってしまえばあとは快適に楽しめますよ!

【Anker Soundcore2】まとめ

Anker Soundcore2」をレビューしました。

コンパクトで防水性能も高い本機は、5000円以下で購入できるとてもコスパの高いBluetoothスピーカーです。

低音が強い迫力のサウンドが好きなかたには特におすすめできる製品ですので、ロックなどを聴いてもらうとさらに満足感がアップできる1台になってくれるでしょう。

テッチ

テッチ

Amazonでの高評価にも納得できるコスパの高いBluetoothスピーカーでした!

最後までありがとうございました。

Amazonでお得にお買い物をする方法

Amazonでお得にお買い物をするならAmazonギフト券の購入がおすすめです。

テッチ

テッチ

現金チャージで、チャージ額×最大2.5%分のポイントがもらえますよ!

Amazonプライム会員ならぜひ使うべき!

Sponsored Links
カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です