こだわりのデスク環境の紹介はこちらから

【dyplay ANC Podsレビュー】ノイキャン搭載で高コスパ!コンパクトで豊かな低音が魅力の完全ワイヤレスイヤホン!

5 min

この記事について

本記事はdyplayのノイズキャンセリングイヤホン「ANC Pods」を実機レビューしての感想を書いています。
一万円を切る価格でノイズキャンセリングや、音質にもこだわったモデルなので、初心者にもおすすめできる製品です。

贅沢は言わない、とにかく安く、ノイキャン機能つきのワイヤレスイヤホンがほしいんだ…。

そんな方におすすめなのがdyplay の完全ワイヤレスイヤホン「ANC Pods」です。

ノイズキャンセリング搭載の完全ワイヤレスイヤホンとなると、高級機のイメージが強いかと思いますが、本機はなんと約7000円で購入可能。

それでいて、

  • しっかりと雑音や生活音を消してくれるノイズキャンセリング
  • 迫力のある低音が効いた気持ちいいサウンド

などしっかりと作り込まれた、非常にコスパの高いイヤホンに仕上げられています。

また、この価格帯では珍しく、Qiワイヤレス充電にも対応しているので、機能面でも満足感の高さを感じさせてくれます。

テッチ

テッチ

はじめてのノイズキャンセリングイヤホンにも、手が届きやすい価格なのでおすすめですよ!

それでは、約7000円の価格でノイズキャンセリング搭載の完全ワイヤレスイヤホン「dyplay ANC Pods」を紹介していきます。

本記事はメーカー様から製品を提供いただき作成しています。

Sponsored Links

【dyplay ANC Pods】概要

「dyplay ANC Pods」特長

  • 騒音を最大-25dBまでカットするノイズキャンセリング
  • 5.4g超軽量イヤホン
  • 遅延の少ないゲームモードの搭載
  • Qi無線充電に対応

しっかりとしたノイズキャンセリングを搭載して、約7000円での購入が可能なコスパの高いモデル。

イヤホン、ケースともにコンパクトで軽量なため、持ち運びが苦にならないのも大きなポイント。

さらにQiワイヤレス充電にも対応した、価格以上に満足できるイヤホンです。

詳細スペックは以下の通りになります。

dyplay ANC Pods
電池持続時間(連続音声再生時間)最大4時間(NC ON)/最大6時間(NC OFF)
ノイズキャンセリング
外音取り込み
防水性能非対応
対応コーデックSBC AAC
最大通信距離10m
充電時間約1.5時間
充電端子USB-C

【dyplay ANC Pods】付属品、外観

それでは「dyplay ANC Pods」の付属品と外観を見ていきましょう。

パッケージは爽やかなホワイトの外箱に入っていました。

目次に戻る

付属品について

付属品はシンプルに4点が入っていました。

付属品一覧
  • 本体
  • イヤーピース
  • 充電用USBケーブル
  • 取扱説明書

付属品類はていねいにビニール袋に入れられています。

イヤーピースはシリコン製のもので「S・M・L」の3種類が入っています。

充電用のUSBケーブルは「USB A to C」になっています。

ACアダプターは同梱していませんのでご注意ください。

目次に戻る

イヤホン本体について

続いてイヤホンを見ていきましょう。

ホワイトのさわやかなカラーで小ぶりなサイズ感のイヤホン本体。
防水機能はありませんが、イヤホンのみで4時間、ケースと合わせて最大20時間の連続再生が可能なロングバッテリー仕様になっています。

重量は実測で片耳4グラムと完全ワイヤレスイヤホンの中ではかなり軽量なタイプです。

AirPodsなどに似た形状ですが、ノズル部分は短くスマートな印象をうけます。
こちらはタッチ操作によりさまざまなコントロールがイヤホン側から可能です。

操作方法コントロール
1回タッチ着信応答 音楽再生・停止
2回タッチANC/聞き取りモード切り替え
長押し着信拒否・電話を切る

内側には「L・R」の表記があるので左右をまちがえることがありません。
イヤーピースは初期段階ではMサイズが装着されていました。

気になったところ

ボクは付属のイヤーピースはどれもサイズがしっくりきませんでした。
解決策として、「SednaEarfit Light Short」という交換用イヤーピースを使うことで、ノイズキャンセリング、音質ともに満足のいくカタチになりました。

こちらが「SednaEarfit Light Short」を装着した状態。

付属のもの比較すると「SednaEarfit Light Short」のほうが厚みがあるのがおわかり頂けると思います。

上:SednaEarfit Light Short
下:付属品
テッチ

テッチ

ボクは浅い形状のイヤーピースが苦手なのです。

厚みが増えても、ケースにはしっかりと収まり、フタも閉まりますのでご安心下さい。

テッチ

テッチ

付属品でフィット感や音質に満足できない場合は、交換してみることをおすすめしますよ!

目次に戻る

ケースについて

充電用のケースはデザイン性にすぐれたシンプルなものになっています。

上部には「dyplay」のロゴが主張しすぎない大きさでプリントされています。

底面には充電端子があり、Type-Cによる充電が可能です。

さらに本機はワイヤレス(Qi)充電にも対応しています。
この価格帯でワイヤレス充電に対応しているのは嬉しいところです。

テッチ

テッチ

わざわざケーブルを挿す必要がないのは想像以上に便利ですよ!

本体前面にはLEDが内蔵されていて、バッテリーや充電状態を表してくれます。

背面に関しては特に何もありませんでした。

本体の大きさをFRISKと比較してみました。
厚みもかなり抑えられてコンパクトなのがおわかり頂けるかと思います。

テッチ

テッチ

携帯性はとてもいいですね!

ケース内はこのようになっています。

気になったところ

気になるポイントになったのがケースの薄さゆえに、イヤホン取り出し時に指が入りにくいところ。
ボクは結構指がさらさらのタイプなので、イヤホンのさらさら感も相まって、すべりやすく取り出しにくい印象でした。

指が入りにくい

重量はイヤホンを含めて44グラムとかなりの軽量です。

【dyplay ANC Pods】接続方法

「dyplay ANC Pods」のBluetooth接続方法を解説していきます。

テッチ

テッチ

iPhoneでの手順を解説しますよ!

  1. STEP

    ケースからイヤホンを取り出します。

  2. STEP

    iPhoneの設定 Bluetoothから「dyplay ANC Pods」をタップします。

  3. STEP

    「dyplay ANC Pods」が接続済みになっていれば接続完了です。

一度ペアリングを済ませてしまえば、次回からはイヤホンをケースから取り出すだけで自動接続してくれます。

【dyplay ANC Pods】音質、ノイズキャンセリング

「dyplay ANC Pods」の音質とノイズキャンセリングについて解説していきます。

音質について

音質はひとことで言うとドンシャリサウンド。

10mmのドライバーを採用した本機は、低音のパワフルさは特に強力と感じました。

10mmドライバーで迫力のサウンド

低音に負けずに主張してくる高音は、多少刺さる感じの強さですが、音の分離はとてもよく、約7000円と考えたときには満足できる音質でした。

迫力のあるサウンドを求めている方や、ROCKが好きな方には、価格のバランスもよく、気に入ってくれるのでは?と感じました。

テッチ

テッチ

低音の豊かさはけっこう気持ちがいいですよ!

目次に戻る

ノイズキャンセリングについて

ノイズキャンセリングはなかなかしっかりと効いてくれます。

イヤホン内蔵のマイクでノイズを検知し、逆位相の音を出してノイズをかき消してくれるこの機能。

本機では、-25dBまでのノイズを消してくれる充分な強さを感じました。

しっかりとしたノイキャン効果
テッチ

テッチ

雑音や生活音は、高い満足度でかき消してくれますよ!

さらにイヤホンをつけたままでも外部の音を確認できる「外音取り込み」にも対応しています。

取り込む音はとても自然で、イヤホンを装着したまま会話をしても違和感はまったくありませんでした。

テッチ

テッチ

価格以上の性能を感じますね!

【dyplay ANC Pods】遅延について

完全ワイヤレスイヤホンは、Bluetoothでの無線接続なので遅延が気になるところです。

本機の対応コーデックは以下の2種類となっています。

  • SBC
  • AAC

Androidでの低遅延コーデック「aptX」には対応していないので、動画に関してはどちらかというとiPhoneユーザー向けの製品になるかと思います。

iPhoneとの組み合わせで動画コンテンツとして

  • YouTube
  • Amazon プライムビデオ

を視聴してみましたが特に遅延を感じること無く楽しむことができました。

さらに本機には、「ゲームモード」という遅延に強い設定もあるので、ゲームをされる方も心配なく使用することができます。

テッチ

テッチ

ノイズキャンセリング効果で雑音の中でも快適に動画やゲームを楽しむ事ができますよ!

【dyplay ANC Pods】まとめ

dyplay ANC Pods」をレビューしました。

メリット
デメリット
  • 約7,000円とコスパが高い
  • ノイキャンが優秀
  • コンパクトで持ち運びに便利
  • 防水に非対応
  • イヤホンをケースから取り出しにくい
  • (個人的に)イヤーピースが合わなかった

防水に非対応ではありますが、7000円という価格のなかで、優秀なノイキャンや迫力のあるサウンドを聴かせてくれるコスパの高いイヤホンと感じました。

個人的には、付属のイヤーピースが浅めで合わないタイプでしたが、もし同じような方がいれば、音質やノイキャン効果がアップする、交換用の「SednaEarfit Light Short」を試してみてほしいです。

総じて価格以上の満足感を与えてくれました。

テッチ

テッチ

ノイズキャンセリングイヤホンを初めて試してみたい方にもおすすめですよ!

最後までありがとうございました。

Amazonでお得にお買い物をする方法

Amazonでお得にお買い物をするならAmazonギフト券の購入がおすすめです。

テッチ

テッチ

現金チャージで、チャージ額×最大2.5%分のポイントがもらえますよ!

Amazonプライム会員ならぜひ使うべき!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です