【radius HP-V700BTレビュー】深みのある迫力の重低音!ハイブリッドドライバー構造の高音質なワイヤレスイヤホン!

7 min

この記事について

本記事はラディウスから発売されている完全ワイヤレスイヤホン「radius HP-V700BT」の実機レビューをしています。
重低音が特徴のサウンドで、迫力の音楽体験をしたい方におすすめできるイヤホンです。

迫力のある低音が大好きなテッチ(@tetsusea1)です。

ロックを愛するボクの音楽視聴に欠かせないのは低音の迫力

かといって出過ぎた低音は、ただのぼやけたサウンドになってしまうのが意外と難しいポイント。

絶妙な重低音サウンドのイヤホンってあるの?

そんな方におすすめしたいのが、ラディウスから発売されている完全ワイヤレスイヤホン「radius HP-V700BT」です。

迫力の重低音が魅力の本機は、ノイズキャンセリングや専用アプリなどには対応していませんが、全ての情熱を良質のサウンドのために注ぎ込んだ音質特化のイヤホンです。

キレのある締まったサウンドは臨場感たっぷりで、まるでライブ会場にいるかのような錯覚まで体感させてくれます。

テッチ

テッチ

radius HP-V700BTの重低音サウンドは最高ですよ!

またスペック面でも

  • Bluetooth5.2
  • Qualcomm「QCC3040」チップ

など最新の技術を搭載し、サウンド面はもちろん、接続の安定性低遅延など完全ワイヤレスイヤホンの弱点をうまくカバーしてくれているモデルです。

それではキレのある重低音サウンドが特徴の完全ワイヤレスイヤホン「radius HP-V700BT」を紹介します。

「radius HP-V700BT」評価
高音
8
中音
7.5
低音
9
解像度
8.5
TOTAL
9

本記事はメーカー様から製品を提供いただき作成しています。

Sponsored Links

【radius HP-V700BT】概要

「radius HP-V700BT」特長

  • パワフルでキレのある重低音サウンド
  • 豊富な対応コーデック
  • Qualcomm「QCC3040」による接続の安定性
  • 高級感のあるデザイン

「radius HP-V700BT」は重低音サウンドが特徴の完全ワイヤレスイヤホンです。

ラディウスとはApple社をルーツとしてアメリカで生まれ、日本で育ったオーディオブランド。

1996年の設立当初は、MacOS互換機の「Supermac」をはじめ、高品質なグラフィックボードや動画編集ソフトなど、PC関連のハードウェア・ソフトウェア製品を開発していました。その優れた技術力を活かして、2006年よりオーディオ業界に本格参入。

音響設計からデザインまでを日本国内でこだわり抜いて行い

  • 重低音モデル「VOLT」シリーズ
  • フラットサウンドモデル「NeEXTRA」シリーズ

など、数々の名機を世に送り出してきた、知る人ぞ知るオーディオブランドです。

テッチ

テッチ

ラディウスさんの音へのコダワリを感じます!

そんなこだわりのオーディオブランドが作るイヤホンはまさに音質特化と言えるもの。

そして今回紹介する「radius HP-V700BT」は「Ne(new ear)」の名を冠する新たなオーディオブランドとなるモデルです。

ケース上部に「Ne」のブランドロゴ

「radius HP-V700BT」の詳細スペックは以下の通りです。

機種名radius HP-V700BT
電池持続時間最大11時間、充電ケース使用時 最大50時間
通信方式Bluetooth5.2
ノイズキャンセリング×
外音取り込み
防水性能IPX4
対応コーデックSBC・AAC・aptX・aptX Adaptive
最大通信距離10m
充電時間イヤホン 約2.5時間、充電ケース 約3時間
充電端子USB-C

【radius HP-V700BT】付属品、外観

それでは付属品と外観を見ていきましょう。

オールブラックの高級感を感じるパッケージが印象的です。

内箱もしっかりとしたもので、開封から気分を上げてくれます。

付属品類はこちらのケースに収納されていました。

同梱物一覧
  • radius HP-V700BT本体
  • 充電用ケーブル
  • 交換用イヤーピース
  • 取扱説明書

イヤーピースは(XS・S・M・L)の4種類が付属しています。

Mサイズは開封時にイヤホンに装着されています。

充電用のUSBケーブルは「USB A to C」が付属しています。

ACアダプターは付属していませんのでご注意ください

ケースはなかなかのボリュームがあるタイプです。ブラックでさらさらとした手触りで指紋などはつきにくい印象です。

手に収まる大きさではありますが、厚みはかなりしっかりしているので持ち運び時の収納はやや困るところ。

テッチ

テッチ

パンツのポケットだと収まりはよくないですね…。

ケースが大きい「BOSE QuietComfort Earbuds」と比較しても負けない存在感があります。

左:BOSE QuietComfort Earbuds
右:radius HP-V700BT

コンパクトなケースの「JBL CLUB PRO + TWS」「Apple AirPods Pro」と比較すると、ひとまわりほど本機が大きく感じます。

左:JBL CLUB PRO + TWS
中央:radius HP-V700BT
右:Apple AirPods Pro

ケース自体は自立が可能になります。

正面から見たときも、下部にさりげなくモデル名が入っているだけでシンプルです。

背面には充電用のUSB-Cの端子があります。最近のトレンドになりつつある、ワイヤレス充電には対応していないのは多少残念なところ。

底面には機器の仕様などが記載されています。

ケースを開くとイヤホンがしっかりと収まっています。

ケースの内部にはバッテリー残量を表すLEDが内蔵されています。

LEDバッテリー残量
○○○○100%〜75%
○○○74%〜50%
○○49%〜25%
24%〜1%

イヤホン本体はブラックをメインカラーとした中で、中央のゴールド部分がアクセントになっています。

テッチ

テッチ

高級感を与えてくれるルックスです!

IPX4の防水性能を備えているので、軽い汗や雨から本体を守ってくれます。さらに音楽コントロールなどはタッチ操作が可能です。

タッチ操作方法左イヤホン右イヤホン
再生/停止1回タップ
1回タップ
曲送り1回タップ
曲戻し1回タップ
音量UPロングタップ
音量DOWNロングタップ
電話を受ける1回タップ
1回タップ
着信拒否2回タップ
●●
2回タップ
●●
終話1回タップ
1回タップ
モード切り替え3回タップ
●●●
3回タップ
●●●

本体背面には「L・R」の表記があるので装着時やケース収納時に左右を間違えることがありません。

イヤーピースを含め本体はかなり耳の奥に入り込むかたちです。

イヤーピースはラディウス独自の「ディープマウントイヤーピース」を採用
従来のイヤーピースとは異なり、耳のより奥でフィットする形状で安定した装着感と高い遮音性により、低音豊かな楽曲再生を実現してくれます。

テッチ

テッチ

フィット感と密閉感はかなり高いです!

【radius HP-V700BT】接続方法

「radius HP-V700BT」の接続方法を解説します。

テッチ

テッチ

iPhoneでの接続方法を説明しますね!

  1. STEP

    ケースからイヤホンを取り出すとペアリングモードに入ります。

  2. STEP

    iPhoneの設定Bluetoothから「radius HP-V700BT」をタップ。

  3. STEP

    「radius HP-V700BT」が接続済みになっていれば接続完了です。

一度ペアリングを済ませると、次回からはイヤホンケースから取り出すだけで自動接続してくれます。

【radius HP-V700BT】レビュー

「radius HP-V700BT」を実際に使ってみての感想です。

音質について

「radius HP-V700BT」の音質について書いていきます。

まず感じたのは、ドンシャリ傾向の重低音サウンドです。

ボクが好むラウドロックなどとの相性はかなりよく、

  • 激しいギターリフ
  • ドラムのキック音

などはかなり心地よく聴こえ、バンドサウンドのなかでもそれぞれの楽器の音がしっかりと際立ち、脳内をヘビィーなサウンドで響かせてくれます。

テッチ

テッチ

Fear, and Loathing in Las Vegascoldrainを聴くとライブ会場に居るようで幸せになれます!

重低音サウンドを作り上げている要素として下記の2点があげられます。

搭載するダイナミックドライバーに「カーボンファイバードーム振動板」を採用しました。高剛性で軽量かつ寸法安定性に優れた厚さわずか75μmのカーボンファイバーペーパーをPU振動板のドーム部に貼付することで、伝搬速度と内部損失の理想的なバランスを実現。カーボンファイバードームとPUエッジのしなやかなストローク性能により、付帯音のない豊かな低音と繊細な中高音を両立しました。
さらに通常の銅線に比べて軽量なCCAW(銅クラッドアルミ線)ボイスコイルとN45の高磁力マグネットを搭載することで、トランジェント特性に優れたパワフルでキレのある重低音を再生します。

カーボンファイバードーム振動板ドライバーに加え中高音域の再現性を高めるために高解像度、低歪率かつ低電力の超小型BAドライバーを搭載。ハイブリッド性能を充分に発揮するため、周波数特性のクロスオーバーを緻密に調整し、TWSとして他に類を見ない圧倒的な音場感と躍動的なダイナミックレンジを実現しました。

素材や構造にこだわった設計で、重低音にポイントを置きながら中高音域も潰れていないところに質の高さを感じます。

聴き込むごとにクセになるような重低音サウンドですっかり虜になってしまいました。

少し残念に感じたのはアプリに非対応なのでイコライザー調節ができないところ。

テッチ

テッチ

もう少し高音域をあげられると、さらに好みなサウンドになりそうなので残念です。

自分好みにカスタマイズすることはできませんが、ベースの音作りがしっかりしているので、ほぼ満足できる音質です。

「radius HP-V700BT」評価
高音
8
中音
7.5
低音
9
解像度
8.5
TOTAL
9

目次に戻る

外音取り込みは微妙、ホワイトノイズも気になる

「radius HP-V700BT」はノイズキャンセリング機能は非搭載ですが、イヤホンを装着したままでも外の音が聞ける「外音取り込みモード」には対応しています。

しかしこちらの外音取り込みの質はちょっと微妙。

テッチ

テッチ

ザラつきがあり、不自然な音でかなり気になってしまいましたね…。

外音取り込みに比重を置く使い方であれば、別の選択肢を考えたほうがよさそうです。

さらに気なったのが、無音になったときのホワイトノイズです。

多少ながら「サー」という音が耳に入ってくるのは気になる方もいるかもしれません。基本的に音楽を聴いているときは気になりませんので、そこまでの心配は必要ない部分でしょう。

目次に戻る

遅延は気にならないレベル

完全ワイヤレスイヤホンは、Bluetoothでの無線接続なので遅延が気になるところです。

本機の対応コーデックは以下の4種類となっています。

  • SBC
  • AAC
  • aptX
  • aptX Adaptive

iPhoneでの低遅延コーデック、AACに対応しているのはもちろん、Androidユーザーにも嬉しいaptXaptX Adaptiveなどにも対応しています。

ただ「aptX Adaptive」については筆者が対応デバイスを所持していないためしっかりと確認することができませんでした。

テッチ

テッチ

申し訳ありません…。

Qualcomm「QCC3040」チップによる接続の安定性もあり、使用中に音切れや接続が切れることもありませんでした。

実際にiPhoneとの組み合わせで、動画コンテンツとして

  • YouTube
  • Amazon プライムビデオ

を視聴してみましたが特に遅延を感じること無く楽しむことができました。

テッチ

テッチ

動画やライブ映像などを迫力のサウンドで楽しむことができます!

【radius HP-V700BT】まとめ

radius HP-V700BT」をレビューしました。

メリット
デメリット
  • 迫力の重低音
  • 高級感のあるデザイン
  • 豊富な対応コーデック
  • Qualcomm「QCC3040」による接続の安定性
  • アプリに非対応
  • 外音取り込みは微妙
  • ホワイトノイズが多少気になる

重低音に特化したサウンド傾向の本機は、ロックやダンスミュージック、EDMなどの音楽を聴くのに最適なチューニングが施されています。

響き渡る迫力のサウンドが脳内に広がる感覚は快感のひとこと。

重低音が好きな方にはとてもおすすめできるイヤホンとなっています。

テッチ

テッチ

個人的にはゴリゴリのギターサウンドとドラムのキック音がたまりません!!

最後までありがとうございました。

「radius HP-V700BT」評価
高音
8
中音
7.5
低音
9
解像度
8.5
TOTAL
9
Amazonでお得にお買い物をする方法

Amazonでお得にお買い物をするならAmazonギフト券の購入がおすすめです。

テッチ

テッチ

現金チャージで、チャージ額×最大2.5%分のポイントがもらえますよ!

Amazonプライム会員ならぜひ使うべき!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です