⇒ただいまAmazonタイムセール祭り開催中!

【TP-Link Archer GX90レビュー】Wi-Fi 6、トライバンドで余裕の通信ができる勝つためのゲーミングルーター

6 min

Wi-Fiルーターは常に最速を求めるテッチ(@tetsusea1)です。

FPSなどラグが致命的になるゲームは、有線接続が推奨されますが、部屋にLANケーブルがひけないなど、やむなく無線環境という方も多いかと思います。

そんな方におすすめなのが、ゲーミング仕様に振り切ったWi-Fiルーター「TP-Link Archer GX90」です。

TP-LinkのWi-Fiルーターの中でもフラッグシップモデルである「Archer AX11000」より筐体はコンパクトになりながら、価格も抑えスペック面では引けをとらない本機。

トライバンド、8ストリームの余裕から生まれる安定の通信環境はまさにゲームにピッタリ。

高性能なCPUの搭載で処理能力も高く、Wi-Fi 6対応により「PS5」でも真価を発揮してくれます。

テッチ

テッチ

別売りの中継機をプラスするとメッシュWi-Fiにも対応してくれるすぐれものです!

それでは、無線環境でも快適にゲームができるWi-Fiルーター「TP-Link Archer GX90」を紹介します。

メリット
デメリット
  • ゲーム専用の安定した通信
  • 有線でも高速通信
  • 設定がかんたんにできる
  • 外観は好みが分かれそう
  • 契約回線によってはオーバースペック

本記事はTP-Link様から製品を提供いただき作成しています。

Sponsored Links

【TP-Link Archer GX90】概要

「TP-Link Archer GX90」特長

  • 最大速度4.8Gbpsのゲーム用バンドでプレイできる。
  • ゲームプロテクターがアカウントやデバイスを保護。
  • 8本のアンテナとビームフォーミングで広いエリアをサポート。
  • 2.5GbpsのWAN/LAN ポート有線接続でも高速
  • アプリでのかんたん設定が可能

「TP-Link Archer GX90」はトライバンド、Wi-Fi 6に対応したゲーミング向けのWi-Fiルーターです。

トライバンドに対応した本機の合計速度は、最大で6579Mbpsと超高速通信を実現。

トライバンドのイメージ

イメージとしては道路が2車線(デュアルバンド)から3車線(トライバンド)に拡張されることにより、渋滞を避けてスムーズに車(データ)が流れる感じになります。

トライバンドのうちのひとつは「ゲーム専用」のもの。ラグが許されない環境でも、優先して通信を行ってくれます。

家族が多く、それぞれが4Kなどの動画を見たとしても通信は安定する、処理能力の高さも大きなメリットです。

さらに本機に対応中継機をプラスするだけで、「TP-Link OneMesh」というメッシュWi-Fiネットワークを構築可能。

Wi-Fiの死角をなくすことで、電波の届きにくい部屋でも安定した無線接続が可能になります。

中継機を接続するだけで手軽にメッシュWi-Fiに

関連記事【TP-Link RE605Xレビュー】Wi-Fi 6対応!メッシュWi-Fiも構築可能で高速な通信環境を拡張できるWi-Fi中継機!

機種名Archer GX90
サイズ212 × 212 × 51.8 mm
アンテナタイプ高性能固定アンテナ×8
ワイヤレス規格Wi-Fi 6
IEEE 802.11ax/ac/n/a 5 GHz
IEEE 802.11ax/n/b/g 2.4 GHz
通信速度5 GHz: 4804 Mbps (802.11ax)
5 GHz: 1201 Mbps (802.11ax)
2.4 GHz: 574 Mbps (802.11ax)
プロセッサー1.5 GHz クアッドコア CPU
有線ポート2.5 Gbps WAN/LANポート×1
ギガビットWAN/LANポート×1
ギガビットLANポート×3
USB対応USB 3.0ポート×1
USB 2.0ポート×1

対応フォーマット:
NTFS, exFAT, HFS+, FAT32

機能:
Apple Time Machine
FTPサーバー
メディアサーバー
Samba サーバー
(ルーターの利用状況に応じて利用可能なHDDサイズの上限やファイル数は上下します)
セキュリティーSPIファイアウォール
アクセスコントロール
IP & MACバインディング
アプリケーション層ゲートウェイ

HomeCare™ アンチウイルス
悪意あるサイトのチェック
ポート侵入防止
感染デバイスの隔離
通知およびログ
ゲストネットワーク5 GHzゲストネットワーク×1
2.4 GHzゲストネットワーク×1
動作環境動作温度: 0℃~40℃

【TP-Link Archer GX90】付属品、外観

それでは、「TP-Link Archer GX90」の付属品と外観を見ていきましょう。

パッケージはひと目見ただけでハイスペックマシンを感じるものでした。

中箱にも「GX」のロゴで高級感のあるつくり。

「Let the Games Begin」(さあゲームを始めよう)でさらにテンションをあげてくれます。

本体はしっかりとカバーされた状態で梱包されています。

TP-Link Archer GX90の付属品は以下の通りです。

同梱品一覧
  • Archer GX90本体
  • アンテナ ×8
  • 電源アダプター
  • RJ45 LANケーブル
  • かんたん設定がガイド

LANケーブルはホワイトのものが付属。カテゴリー5eで長さは約1メートルでした。

電源アダプターは、本体のサイズに対してはコンパクトなもの。

ただ、コンセントに差し込むと横向きになるのでココは注意が必要になります。

エレコムの電源タップは、ACアダプターが干渉しにくいように間隔を広くとられているタイプなのでおすすめ。

テッチ

テッチ

大きめのACアダプターが複数ある場合はすっきりとしますよ!

本体はブラックのマットな質感。初期状態ではアンテナは外された状態で梱包されています。

アンテナはレッドのラインが入ることでゲーミング色を強調。

アンテナの接続は、本体の接合部分にはめるだけのかんたん仕様となっています。

アンテナを装着すると本領発揮される存在感。外観に関しては好き嫌いはあるところでしょうか。

中央部分はクロスされたデザイン。通気口もたくさんあり、排熱もしっかりとこなしてくれます。

サイズは「212mm × 212mm」で正方形になっています。

高さはアンテナを含めて「180mm」となっています。
アンテナは固定式になっているので、購入前に設置場所はしっかりと確保したほうがいいでしょう。

本体底面は、排熱効率も考慮された構造。

フック付きで壁掛けでの運用も可能になっています。

本体側面には、端子類や操作ボタンなどが集約されています。

右側面には2つのUSB-Aポートが装備。外付けHDDなどを接続し、簡易NASとして使用することができます。

MEMO

Macの場合は外付けHDDを接続して、バックアップ用のTimeMachineとして使用することができます。

正面にはWPSボタンWi-FiオンオフLEDオンオフのボタン類が集約されています。

背面には、接続用のポート類がならんでいます。
LAN/WANポートは2.5Gbpsに対応。有線接続でもさらなる高速通信が可能です。

【TP-Link Archer GX90】接続方法

「TP-Link Archer GX90」の接続方法を解説していきます。

アプリのダウンロード

Tetherアプリを使用することで、かんたんにセットアップができますので、まずはダウンロードしていきましょう。

TP-Link Tether

TP-Link Tether

TP-LINK無料posted withアプリーチ

テッチ

テッチ

アプリではさまざまな設定やコントロールが可能になります!

アプリでできること
  • ルーターへのかんたんアクセス
  • ゲストネットワークの設定
  • セキュリティー設定

目次に戻る

接続手順

それでは接続手順を解説していきます。

  1. STEP

    ハードウェアの接続

    WANポートとモデムをLANケーブルでつなぎます。

  2. STEP

    ルーターの電源を入れる

    電源を入れてルーターのLEDがすべて点灯するまで待ちます。

  3. STEP

    アカウントにログインする

    『TP-Link ID』を作成してログインします。

  4. STEP

    デバイスの選択

    「Archer GX90」をタップ。

  5. STEP

    デバイス管理用のアカウントを作成します

  6. STEP

    接続タイプ、MACアドレスの設定

    自動検出と推奨を選択で大丈夫です。

  7. STEP

    SSIDとパスワードの設定

    初期設定のSSIDとパスワードをそのまま使用するなら変更は必要ありません。

  8. STEP

    お疲れさまです!設定完了です!

テッチ

テッチ

アプリの指示通りに進めていくと、迷うこと無く設定が完了します!

【TP-Link Archer GX90】スピードテスト

「TP-Link Archer GX90」の通信速度を複数の端末やゲーム機で測定してみました。

我が家の通信環境は以下の通りです。

我が家の通信環境

  • Softbank光 1Gbps 戸建てタイプ
  • 4LDK 2階建て
  • Wi-Fi接続機器が多数

テストを行った機器は以下の通りになります。

  • iPhone11
  • Nintendo Switch
  • PlayStation4

測定は時間帯やサーバーの関係で大きく変化するので参考程度にご覧ください。

目次に戻る

iPhone11での測定結果

  • ダウンロード:426Mbps
  • アップロード:309Mbps

Wi-Fi 6対応のiPhone11では安定の数値が出ました。

測定時はルーターから約1mの距離で行い、ダウンロードで400Mbps超えのすばらしいスピード感です。

テッチ

テッチ

今回はiPhone11が1番高速な数値でした!

目次に戻る

Nintendo Switchでの測定結果

  • ダウンロード:50Mbps
  • アップロード:10.7Mbps

Nintendo SwitchはWi-Fi 6には非対応になります。

以前にも「TP-Link Archer AX11000」で計測をしたことがありますが、Switchに関してはWi-Fi接続では50Mbps程度が最大値のようです。

iPhoneに比べると低い数値ですが、「スプラトゥーン」などをプレイしてもラグなどは感じることなく、快適に楽しむことができました。

目次に戻る

PlayStation4での測定結果

  • ダウンロード:156.6Mbps
  • アップロード:8.5Mbps

PlayStation4もWi-Fi 6に非対応のハードになります。

ダウンロードは十分ですが、アップロードに関しては有線接続でもあまりスピードが出ませんでした。

テッチ

テッチ

ここはPlayStation側のサーバーの問題かと思いますね…。

ゲームプレイ自体には影響はなく、ラグなどは感じることはありませんでした。

ボクは残念ながら所有していないのですが、「PlayStation5」は最新規格のWi-Fi 6に対応しているので、さらに高速、安定な通信環境を構築することができます。

目次に戻る

速度テストのまとめ

我が家の通信環境は、Softbank光1Gbps 戸建てタイプなので、十分とは言えますがここまでが限界値

現在では、10Gbpsなどさらに超高速な光回線もあるので、さらなるスピード感を求める場合はそちらを利用すると本機の力をさらに発揮してくれます。

高速な光回線の一例

本機のトライバンド、CPU性能はやはり優秀。

複数の機器を同時に接続し、ゲームや4K動画視聴をしても安定した通信ができます。

本機の特徴である「8ストリーム」「MU-MIMO」による性能をしっかりと発揮し、家族が多くWi-Fi接続する端末が多い環境でも、ストレスを感じることはありません。

テッチ

テッチ

複数台の接続でも、ゲームや動画視聴が快適に楽しめます!

【TP-Link Archer GX90】まとめ

TP-Link Archer GX90」をレビューしました。

メリット
デメリット
  • ゲーム専用の安定した通信
  • 有線でも高速通信
  • 設定がかんたんにできる
  • 外観は好みが分かれそう
  • 契約回線によってはオーバースペック

ゲーミング色の強い外観は好みが分かれそうですが、「トライバンド」「Wi-Fi 6」に対応したゲーミングWi-Fiルーターはさすがと言える性能の高さ。

家族でWi-Fi機器が多く、ゲームの通信が不安定な方にはぜひ取り入れてみてほしいモデルです。

テッチ

テッチ

無線環境でも勝ちにいくなら間違いなしのルーターです!

最後までありがとうございました。

Amazonでお得にお買い物をする方法

Amazonでお得にお買い物をするならAmazonギフト券の購入がおすすめです。

テッチ

テッチ

現金チャージで、チャージ額×最大2.5%分のポイントがもらえますよ!

Amazonプライム会員ならぜひ使うべき!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です