⇒ただいまAmazonタイムセール祭り開催中!

【Beats Studio Budsレビュー】おしゃれなデザインと空間オーディオにも対応した完全ワイヤレスイヤホン

6 min

完全ワイヤレスイヤホンを多数レビューしているテッチ(@tetsusea1)です。

Apple傘下のオーディオブランドBeats by Dr. Dreから、新たな完全ワイヤレスイヤホン「Beats Studio Buds」が発売されました。

ブランド初となるノイズキャンセリング機能を搭載し、IPX4の防水性能をそなえながら販売価格は17,800円。

AirPodsProより10,000円以上の価格差での登場となりました。

iPhoneなどApple製品との親和性の高さはもちろん、Androidユーザーも意識した使いやすさを重視しています。

音質面では低音を重視したメリハリのあるサウンドで、AppleMusicの空間オーディオにも対応。

なんといってもBeatsらしさがあふれる、オシャレでスタイリッシュなデザインは、ファッションの一部としても所有欲を満たしてくれる製品です。

テッチ

テッチ

ケースもイヤホンもカッコいい!!

それでは、おしゃれなデザインと、空間オーディオにも対応した完全ワイヤレスイヤホン「Beats Studio Buds」を紹介していきます。

メリット
デメリット
  • Beatsのブランド力
  • Apple製品との親和性
  • Androidでも使いやすい
  • ケースがコンパクト
  • スタイリッシュなデザイン
  • ワイヤレス充電に非対応
  • ノイキャン時の音質変化とホワイトノイズ
Sponsored Links

【Beats Studio Buds】概要

「Beats Studio Buds」特長

  • コンパクトなイヤホン&ケース
  • Beatsらしいスタイリッシュなデザイン
  • IPX4の防水性能
  • iOSの「探す」アプリに対応
  • 最大8時間の再生時間

「Beats Studio Buds」は、ノイズキャンセリング外音取り込み機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホンです。

イヤホン本体のみで最大8時間の連続再生。ケースを含めると最大24時間の音楽再生が可能。

IPX4の防水機能も搭載されているので、汗や雨などで濡れてしまっても心配ありません。

IPX4とは?

「水の飛まつに対して保護されている」という定義の防水規格。水没してしまうと故障の可能性があるので注意が必要です。

カラーラインナップはブラックホワイトレッドの3色を用意。どのカラーも魅力的です。

テッチ

テッチ

今回はかなり迷ってブラックを選びました!

iOSの標準アプリ「探す」に対応し、万が一紛失した場合も地図上に表示されるので安心です。特に設定も必要なく、ペアリングを完了するだけで登録されているのがありがたいところです。

さらに、AppleMusic空間オーディオにも対応しているので、立体感のあるサウンドを楽しむこともできます。

特典として、「AppleMusic 3ヶ月無料トライアル」がついてくるので、体感したことがない方はこの機会に試してみることをおすすめします。

「Beats Studio Buds」の詳細スペックは以下の通りです。

機種名Beats Studio Buds
再生可能時間(ノイキャンオフ)最大8時間 (イヤホン本体のみ) / 最大24時間 (充電ケース使用時)
ノイズキャンセリング
外音取り込み
防水性能IPX4
重量約58g (充電ケース含む)
対応コーデックSBC・AAC
充電端子USB-C

【Beats Studio Buds】付属品、外観

それでは「Beats Studio Buds」の付属品と外観を見ていきましょう。

パッケージは予想以上にコンパクトなものでした。デザインにもこだわるBeatsらしさがしっかりと感じられます。

開封していくと本体、アクセサリーなどもコンパクトにまとめられていました。

「Beats Studio Buds」の付属品は以下の通りです。

同梱品一覧
  • Beats Studio Buds本体
  • USB C to Cケーブル
  • イヤーチップ
  • クイックスタートガイド
  • ステッカー
  • 保証書

イヤーチップは「S・M・L」の3サイズから選択できます。Mサイズは開封時にイヤホン本体に取り付けてありました。

コシのあるしっかりとした素材のイヤーチップ。

充電ケーブルは「USB C to Cケーブル」が付属。

ACアダプターは付属していませんのでご注意ください。

イヤホンの操作方法がひと目でわかるイラストも描かれていました。

スタイリッシュなケースは、マットな素材で指紋などはつきにくくなっています。

中央にはシンプルにロゴのみ。

厚みは控えめで、ポケットなどへの収まりも悪くありません。

コンパクトなボディーは、手にもしっかりとフィットしてくれます。

AppleのAirPodsProと比較すると本機の方が多少大きさを感じますが、十分コンパクトになっています。

裏面は特に表示などもなくシンプルです。

充電端子はUSB-Cを採用。ワイヤレス充電に非対応なのがかなり残念なポイントでした。

Androidユーザーにも安心のUSB-C。
テッチ

テッチ

ワイヤレス充電は便利なので対応してほしかった…。

本体下部には、充電状態が確認できるLEDが内蔵されています。

重量は実測で58グラムでした。

ケースの蓋はパカッと気持ちよく開いてくれます。イヤホンとケースの磁力も強く、ケース内への収まりは良好です。

イヤホン本体も、とてもコンパクトでデザイン性の高い作り。

コンパクトでピッタリと耳にフィットする装着感

全体的にはマットな質感で、ロゴ部分は光沢のある素材に切り替えがされています。

ロゴ部分は物理ボタン式を採用。左右のボタンを押すことで、さまざまなコントロールがイヤホン側から操作できます。

項目操作方法
再生/停止左右どちらか1回押す
曲送り左右どちらか2回押す
曲戻し左右どちらか3回押す
音量アップ非対応(Siriで対応可)
音量ダウン非対応(Siriで対応可)
ノイズキャンセリング
外音取り込み
左右どちらか長押し

イヤホン本体は10グラム(片側5グラム)とかなり軽量になっています。

テッチ

テッチ

全体的に洗礼された印象があります!

【Beats Studio Buds】レビュー

「Beats Studio Buds」を実際に使った感想を書いていきます。

ペアリングは一瞬で完了する

Beats Studio Budsのペアリング方法は、とてもシンプルでかんたん。

パッケージを開封し、イヤホンケースのフタを開けると、iPhoneには下記のポップアップが登場します。

iPhoneのロックを解除して接続ボタンを押すだけの、とてもシンプルな操作ですぐに使用可能となります。

バッテリー状態も確認できる

このあたりはApple純正であるAirPodsProと同様の接続方法で、わざわざメニュー画面を開くこともなく、親和性の高さを感じました。

テッチ

テッチ

なにも迷うことなく一瞬で接続できてしまいます!

MEMO

AirPodsProのようにAppleIDには紐付けされないので、同じAppleデバイス同士でも自動切り替えには対応していません。

目次に戻る

音質は低音重視のドンシャリサウンド

音質は低音重視のドンシャリサウンド。

視聴前は「Beatsならではの重低音」というイメージで聴き始めましたが、思ったより控えめな印象を感じました。

低音はすっきりしていますが、音量を上げていくと高音域の強さと鋭さを感じるので、もう少し上品さがほしかったところではあります。

気になったポイント

ノイズキャンセリングOFFでは低音の量感をしっかり感じますが、ONにすると若干低音がカットされたようなフラット気味の音質に変化してしまうのが気になるポイントでした。

テッチ

テッチ

ノイキャン時の音質はちょっと気になるな〜。

実際、一般的に聴くのであれば気になるレベルではないですし、パワフルさを感じるサウンドチューニングになっているので、ラウドロックなどとの相性はいいと感じました。

ただ、同価格帯でみると「JBL CLUB PRO+ TWS」などが音質面などではすぐれています。

「Beats Studio Buds」音質評価
高音
7
中音
7.5
低音
9
解像度
8
TOTAL
8

目次に戻る

ノイズキャンセリング、外音取り込みについて

ノイズキャンセリングについては、十分な効果を感じることができます。

車のロードノイズや、話し声などはしっかりと抑えてくれる印象。

細かいレベルでいうと「AirPodsPro」の方が遮音性は高いですが、「Beats Studio Buds」も満足のできるノイズカットを行ってくれます。

気になったポイント

ひとつ気なる点は、ノイズキャンセリングON時に音楽をかけていないと「サー」というホワイトノイズが聞こえてくるところ。音楽再生を始めると全く気になりませんが、無音状態でノイズキャンセリングのみを使いたい場合は注意が必要です。

テッチ

テッチ

気なる人は集中できないかも…。

外音取り込みについては、多少こもって聞こえるような印象です。

外音取り込み最強の「AirPodsPro」はイヤホンをつけていることを忘れてしまうくらいクリアな音質で、外の音が聞こえてきます。

「Beats Studio Buds」はやはり一枚膜がかかっているような、不自然さを感じてしまいました。

テッチ

テッチ

AirPodsProが優秀過ぎるんです!

ノイズキャンセリング、外音取り込みの操作はイヤホン本体での切り替えも可能ですが、iPhoneならコントロールセンターからも制御可能になっています。

目次に戻る

接続切れや動画視聴時の遅延は少ない

完全ワイヤレスイヤホンは、Bluetoothでの無線接続なので遅延が気になるところです。

「Beats Studio Buds」の対応コーデックは以下の2種類となっています。

対応コーデック
  • SBC
  • AAC

実際にiPhoneとの組み合わせで、動画コンテンツとして以下の2種類を試してみました。

  • YouTube
  • Amazon プライムビデオ

どちらも特に遅延を感じること無く楽しむことができました。

接続性もとてもよく、使用してきた中で接続が切れることは一度もありませんでした。

テッチ

テッチ

動画やライブ映像などもワイヤレスで楽しむことができますよ!

【Beats Studio Buds】まとめ

Beats Studio Buds」をレビューしました。

メリット
デメリット
  • Beatsのブランド力
  • Apple製品との親和性
  • Androidでも使いやすい
  • ケースがコンパクト
  • スタイリッシュなデザイン
  • ワイヤレス充電に非対応
  • ノイキャン時の音質変化とホワイトノイズ

Beatsらしい、オシャレでスタイリッシュなデザインは持っているだけで満足感を与えてくれる完全ワイヤレスイヤホンです。

iPhone、Androidどちらのユーザーにもやさしい設計で、使う人を選ばずに音楽を楽しめます。

テッチ

テッチ

Beatsを持ってるってだけで注目を浴びちゃうくらいのブランド力がありますよ!

最後までありがとうございました。

Amazonでお得にお買い物をする方法

Amazonでお得にお買い物をするならAmazonギフト券の購入がおすすめです。

テッチ

テッチ

現金チャージで、チャージ額×最大2.5%分のポイントがもらえますよ!

Amazonプライム会員ならぜひ使うべき!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です