おすすめガジェットを紹介!

Logicool ERGO M575レビュー│トラックボールの入門に最適な手の届きやすい価格のマウス

6 min

どうも!テッチ(@tetsusea1)です。

PCの操作に欠かせないマウス。便利ではありますが、マウスに関する悩みを持つ人も多いのが現状。

「長時間のマウス操作で手首が痛くなる」というものや「デスクにマウスを置くスペースがない」などなど。

今回紹介するのは、そんな悩みを解決してくれるトラックボールマウス「Logicool ERGO M575」です。

数多のPC周辺機器を開発するLogicoolですが、「ERGOシリーズ」は人間工学にもとづき開発されたシリーズ。

快適に使用でき、筋肉への負担も軽減させるデザインが特徴です。

つまり、ERGO M575は使いやすいうえに疲れにくいマウス。

親指のみで操作ができるトラックボールは、疲労感の軽減と、省スペースに大きく貢献。

価格も抑えられているので、トラックボールマウスを試してみたい方にも手が出しやすいモデルとなっています。

テッチ

テッチ

腱鞘炎の軽減には特に効果的!

それでは、「Logicool ERGO M575」をレビューしていきます。

メリット
デメリット
  • スペースを取らない
  • 手にフィットして疲れにくい
  • カーソル動作がなめらか
  • 電池式は充電から開放される
  • 細かい動きがむずかしい
  • ホイール性能がもの足りない
  • 同時接続はできない

本記事はLogicool様より製品をご提供いただき作成しています

Sponsored Links

Logicool ERGO M575の特長と外観

「Logicool ERGO M575」は、人間工学にもとずき設計されたトラックボールマウスです

機種名Logicool ERGO M575
本体サイズ高さ: 134mm
幅: 100mm
奥行き: 48mm
重量重量: 145g
システム要件Unifying USBレシーバー
Windows® 10,11 以降
macOS 10.15 以降
Chrome OS 
Linux® 

Bluetooth
Windows 10,11 以降
macOS 10.15 以降
iPadOS 13.4 以降 
Chrome OS 
Linux 
センサーテクノロジーロジクール アドバンス オプティカル トラッキング
ボタンボタン数:5
バッテリー単三形乾電池x1
電池寿命:最長24か月 
接続タイプUnifying USBレシーバー
Bluetooth low energyテクノロジー
オプション ソフトウェアmacOS 10.14以降およびWindows 7以降のLogicool OptionsとLogicool Flow対応。


メタリックな青いトラックボールがスペーシーでありながら、ギラギラしすぎないカラーリングが好印象。

デスク周りにもなじむ落ち着いたデザイン、カラーリングです。

トラックボールマウスは一般的なマウスと比べ、どうしても幅が広くなります。

左:MX MASTER 3
右:ERGO M575

そのためゴツい印象を持たれがちですが、ERGO M575からはシュッとした感じを受けました。

左:ERGO M575
右:MX ERGO

表面に刻まれた筋がシルエットをシャープに見せています。

重量は実測で153gと軽量。

手に持ったっときもずっしり感はなく、持ち運びでも苦にはなりません。

中央部分にはボタン類が集約されています。

底面にはゴム足がついているので、使用中もずれてしまうことがありません。

駆動方式には乾電池(単三電池×1)を採用。内蔵バッテリー方式ではなく充電の心配もありません。

トラックボールマウスは汚れがたまってしまうので定期的な掃除が必要です。

裏面には大きめの取り出し穴が空いているので、取り外しも容易に行なえます。

ややプラスチック感は強いですが、安っぽさを感じるほどではありません。価格にふさわしい洗練された外観で、自宅からオフィスまで場所を選ばず使えるビジュアルです。

Logicool ERGO M575の操作性をレビュー

とにかく手にジャストフィット!これが第一印象でした。

握ったとき「このマウスは自分の手に合わせてつくられたのか?」と錯覚するほど、しっくりきます。

大きさ・角度・トラックボールの位置、すべてがベストポジションです。

目次に戻る

トラックボールの操作性・操作感

Logicool ERGO M575は、親指でトラックボールを動かしてコントロールします。

一般的なマウスではマウス自体を動かしますが、その動作が親指一本で可能。マウスに手を置いたときに自然と親指がトラックボールに乗るため、感覚的に使用できます。

左クリックや右クリック、スクロールは通常のマウスと同じように行なえます。

実験として、すこし手の小さい知人(手長16cm)にマウスを握ってもらったところ、同じように親指がしっかりトラックボールに届き、ムリなく操作できていました。

テッチ

テッチ

手の小さめな人でも心配なく使用できそうです。

また、トラックボールに適度な重みがあるため、スムーズに動きつつ空回りはしません。

かといって、重すぎて動かしているうちに疲れることもなく、操作性の高さを感じました。

目次に戻る

ボタン・ホイールの操作性・操作感

ボタンは広くクリックしやすい形状です。

軽くクリックできる点も好印象。クリック音は一般的な「カチッ」という音で、個人的には耳障りには感じませんでした。

ですが、静音性の高いマウスが好みの人はやや気になるかもしれません。


ホイールの動きには、すこし『もっさり』した感じを受けました。

動きが悪いとまではいいませんが、動きと画面のスクロール量に多少のズレを感じます。

ゆっくりとスクロールすることがやや苦手なのかな?という印象です。

カスタマイズできるボタンは、左ボタンの脇にある2つとホイール部分の計3つとなります。

専用ソフトを使用することで、さまざまな操作を割り当てられます。

目次に戻る

Bluetoothの接続安定性は?

結論からいえば、Bluetooth接続の安定性は優秀です。

いくらトラックボールがスムーズに動いても、接続が安定していなければカーソルはカクつきます。

Bluetoothはチャンネル数が多く、相互干渉しにくい仕組み。しかし実際に使ってみると意外に影響が出ることもあります。

接続の安定性をチェックするために、以下の条件でテストを行いました。

  • マウスのみ接続
  • マウス+ワイヤレスキーボード+ワイヤレスイヤホン
  • マウス+iPhoneにBluetoothスピーカーを接続
  • マウス+電子レンジ

結果としては、ワイヤレスイヤホン(AirPods Pro)使用時に音飛びが発生

マウスのBluetoothを切ると音飛びがなくなったので、間違いなく干渉しています。

全体的にBluetoothは安定しています。しかし環境によっては別機器の干渉を受け、うまく動作しない場合があるかもしれません。

そんな時は同梱のUnifying(Logicool独自のUSBレシーバー)を使えば快適に接続できます。

テッチ

テッチ

Unifyingで接続するとAirPods Pro使用時でもまったく途切れなくなりました!

こちらはレシーバーひとつに対して、ロジクールの対応機器を3台まで登録可能。

キーボードなども同社の製品で揃えている場合は、とても便利に使用できます。

BluetoothとUSB、2つの接続方法があるので、どちらかの接続がうまく行かなかったときも安心できます。

Logicool ERGO M575のメリットとデメリット

長期間たっぷり使用して見えてきた、Logicool ERGO M575のメリットとデメリットを紹介します。

ここがよかった!
  • スペースを取らない
  • 手にフィットして疲れにくい
  • カーソル動作がなめらか
  • 電池式は充電から開放される

スペースを取らない

マウス自体を動かす必要がないため、広いスペースは不要。小さめデスクの救世主です。

また、デスクの上に物が多い人にも向いています。

マウスを動かしたときに、物を落としてしまった経験を持っている人は試してほしいですね。

目次に戻る

手にフィットして疲れにくい

フィット性が高く、意識せずに一番いいポジションでマウスを握れます。

手の中でマウスがガタつく感じはありません。ムダに力む必要がないため、長時間使用していても疲れにくく、腱鞘炎予防にもなります。

目次に戻る

カーソル動作がなめらか

スルスル〜と滑るように動くカーソルが快適。大きな画面でも苦なく縦横無尽に動かせるので、カーソルをあちこち動かす人ほど向いているマウスです。

テッチ

テッチ

操作は親指1本なので、楽にすばやく操作できます!

目次に戻る

電池式なので充電から開放される

単三電池1本で動作する省エネさも魅力の1つです。

約24ヶ月の電池持ちの良さも魅力

また、充電する手間がないのも素晴らしい。バッテリーが切れても、電池交換をすればすぐに使えます。

目次に戻る

ここがイマイチ!
  • 細かい動きがむずかしい
  • ホイール性能がもの足りない
  • 同時接続はできない

細かい動きがむずかしい

軽快な動きはメリットでありながらデメリットでもあります。カーソルがあまりに機敏に動きすぎて、精密な操作がむずかしいです。

慣れてくれば解決する問題かもしれませんが、慣れないうちは些細な指の動きにも連動してしまうカーソルに、ストレスを感じるかもしれません。

同じくトラックボールマウスのハイエンドモデル「Logicool MX ERGO」には「精密モード」が搭載されているいます。

細かい操作が多い方はこちらを検討するといいでしょう。

目次に戻る

ホイール性能がもの足りない

操作性の項目でもふれましたが、ホイールの性能がイマイチだと感じました。

多少もたつきがあり、スクロールのカクつきやズレが気になる人にはおすすめできません。

目次に戻る

同時接続はできない

接続できるデバイスは1台のみ。これは本当に惜しい点です。

たとえばMacとWindowsのPCを使い分けている場合、両方同じマウスでコントロールできるととても便利なので残念でした。

Logicool MX ERGOは切り替えが可能

Logicool ERGO M575とMX ERGOを比較しての感想

2つとも優秀なトラックボールマウスですが、どちらもはっきりとした特徴があり棲み分けされていると感じました。

ハイエンドモデルのMX ERGOと比べると、ERGO M575はどうしても安っぽさがあります。

並べてみると外観のプラスチッキーな質感が、多少お粗末に感じてしまいます。

ですが、シルエットとしてはERGO M575の方がシャープでスリム。いい意味で重厚さがないので、ボテッとした印象がなくてスタイリッシュです。

フィット感については、ERGO M575の方が好みでした。

ピタッと手に収まり、角度もバッチリ!トラックボール操作も同じくERGO M575の方がしっくりきましたね。

意識せずにトラックボールに親指がかかり、自然な力加減で操作できます。

また、価格的な面から考えるとERGO M575はコスパがいいです。

テッチ

テッチ

半額以下でMX ERGOと遜色ないトラックボールが手に入ります!

ただ、できることの幅が広いのはハイエンドモデルの「MX ERGO」が優秀です。

専用ソフト「Logicool options」の使用感

Logicool Options」はLogicool製品のカスタマイズ・調整などが行えるソフトです。

ERGO M575では以下2つの機能が使用できます。

  • ボタンのカスタマイズ
  • ポインタ(カーソル)速度の調節

「ソフトでマウスを調整・調節」というとむずかしく感じますが、シンプルなので直感的に使えるソフトです。

動作も軽く、サクサク使える点は評価できます。

また、操作のカスタマイズをアプリケーションごとに設定できるのも便利と感じました。

テッチ

テッチ

Final Cut Proで動画編集のカスタマイズが時短になるのでお気に入りです!

Logicool ERGO M575のレビューまとめ

Logicool ERGO M575」をレビューしました。

おすすめな人
  • トラックボールを低価格で試してみたい
  • 腱鞘炎に悩んでいる
  • 操作性はシンプルがいい
  • 外出時も持ち運びたい

本機は、トラックボールマウスをはじめて使う人におすすめのマウスです。

トラックボールの絶妙な重さとなめらかな動き、そしてなにより手に馴染むフォルム。

シンプルな操作感はもちろん、手にとりやすい価格設定も魅力のひとつとなっています。

テッチ

テッチ

コスパにすぐれた1台です!

最後までありがとうございました。

Amazonでお得にお買い物をする方法

Amazonでお得にお買い物をするならAmazonギフト券の購入がおすすめです。

テッチ

テッチ

現金チャージで、チャージ額×最大2.5%分のポイントがもらえますよ!

Amazonプライム会員ならぜひ使うべき!

Sponsored Links
カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です