【TP-Link Archer AX73レビュー】IPv6 IPoEに対応した高性能かつ低価格なWi-Fi6ルーター

6 min

この記事でわかること

  • TP-Link Archer AX73の外観や特徴
  • 通信速度のテスト
  • アプリでの接続方法について

Wi-Fi環境は、どの時間帯も常に安定したスピード感を求めるテッチ(@tetsusea1)です。

従来のインターネット接続方法である「IPv4 PPPoE」では夜間など、利用者が多い時間帯は回線速度が遅くなってしまいがち。

せっかくの貴重な時間にネットが遅いのはストレスだよ…。何か改善策はない?

そんな方におすすめしたいのが、新方式の「IPv6 IPoE」に対応したWi-Fiルーター「TP-Link Archer AX73」です。

数多くのWi-Fiルーターを世に送り出しているTP-Linkでも、なかなか「IPv6 IPoE」対応のWi-Fi6モデルは発売されませんでしたが、「Archer AX73」ではついに対応!

これにより、回線混雑を回避して、いつでも快適なインターネット環境を構築することが可能になりました。

IPv6 IPoE」は固定回線とルーター両方の対応が必要です。

さらに、高速通信高い処理能力など、Wi-Fiルーターとしての高性能ぶりも発揮してくれながら、価格が約13000円とかなりのコスパの高さを実現。

特に、家族構成が多い方や、広いお家にお住まいの方には最適な1台になっています。

それでは、IPv6 IPoEに対応した高性能かつコスパの高いWi-Fiルーター「TP-Link Archer AX73」を紹介していきます。

本記事はメーカー様から製品を提供いただき作成しています。

Sponsored Links

【TP-Link Archer AX73】概要

「TP-Link Archer AX73」特徴

  • 4K通信も余裕の高速通信
  • IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)対応
  • USBポート搭載
  • アプリによる簡単設定
  • 高機能で1万円台の高コスパモデル

TP-Link Archer AX73」は超高速通信が可能な、デュアルバンドWi-Fi 6対応ルーターです。

Wi-Fi 6は新世代のWi-Fiテクノロジーで、AX Wi-Fiや802.11axとも呼ばれています。Wi-Fi 6の大きな特徴はより高速になった通信速度とより多くの端末との通信が可能になった点です。VRや4Kの動画など大容量の通信が必要な端末があったり、IoT機器等が大量にWi-Fi接続されている場合はWi-Fi 6に対応したルーターは最善の選択肢となり得るでしょう。

TP-Link公式

本機の通信速度は、合計5378Mbps(4804 + 574Mbps)と無線LANルーターの中ではかなり高速な部類になります。

本機の通信範囲や環境の目安は以下の通り。

利用環境の目安
  • 広さ:戸建て 3階建 / マンション 4LDK
  • 接続台数:約80台

だいたいの住宅環境であれば、カバーできるスペックを備えていますが、やはり電波は目では見えないもの。

複雑な住宅環境などでは、部屋によって電波が届かない場合もあるかもしれません。

テッチ

テッチ

そんなときでも、すぐれた対応策があります!

本機に対応中継機をプラスするだけで、「TP-Link OneMesh」というメッシュWi-Fiネットワークを構築可能。

Wi-Fiの死角をなくすことで、電波の届きにくい部屋でも安定した無線接続が可能になります。

中継機を接続するだけで手軽にメッシュWi-Fiに

関連記事【TP-Link RE605Xレビュー】Wi-Fi 6対応!メッシュWi-Fiも構築可能で高速な通信環境を拡張できるWi-Fi中継機!

他にもさまざまな機能を搭載し、高機能ながら1万円台での購入が可能な、とてもコスパの高いモデルとなっています。

機種名TP-Link Archer AX73
サイズ272.5 × 147.2 × 49.2 mm
アンテナタイプ高性能固定アンテナ× 6
ワイヤレス規格IEEE 802.11ax/ac/n/a 5 GHz
IEEE 802.11ax/n/b/g 2.4 GHz
通信速度5 GHz: 4804 Mbps (802.11ax, HT160)
2.4 GHz: 574 Mbps (802.11ax)
プロセッサー1.5 GHz トリプルコアCPU
有線ポートギガビットWANポート× 1
ギガビットLANポート× 4(うち2つは静的リンクアグリゲーション対応)
USB対応USB 3.0ポート× 1

対応フォーマット:
NTFS, exFAT, HFS+, FAT32

機能:
Apple Time Machine
FTPサーバー
メディアサーバー
Samba サーバー
(ルーターの利用状況に応じて利用可能なHDDサイズの上限やファイル数は上下します)
セキュリティーWPA
WPA2
WPA3
WPA/WPA2-Enterprise (802.1x)
ゲストネットワーク1× 5 GHz ゲストネットワーク
1× 2.4 GHz ゲストネットワーク
動作環境動作温度: 0℃~40℃ (32℉~104℉)

【TP-Link Archer AX73】付属品、外観

それでは「TP-Link Archer AX73」の付属品と外観をみていきましょう。

パッケージはグリーンを基調とした鮮やかなカラーリングで、なかなかの大きさのものです。

スペックの高さを匂わせてくれるパッケージ

箱を開けると、本体や付属品がしっかりと包まれていました。

付属品は以下の通りになります。

同梱物一覧
  • Archer AX73本体
  • 電源アダプター
  • LANケーブル
  • 簡単設定ガイド

電源アダプターはブラックカラーのものが付属しています。そこまで大きさは感じなく、コンパクトに電源供給が可能です。

LANケーブルはホワイトカラーのものが付属しています。

本体外観は、ウロコ状のようなデザインが特徴的。こちらはデザイン性だけではなく、排熱性能も考慮されています。

テッチ

テッチ

高い通気性により、ルーターのパワーを最大限発揮してくれます!

中央部分は、艶のあるピアノブラックで仕上げられています。「tp-link」のロゴがさり気なく入り見た目の美しさがありますが、ホコリが付きやすいのは気になるところです。

サイズは「272.5mm × 147.2mm」。

アンテナを含めた高さは、実測で168mmでした。アンテナ部分は可動式になっており、電波の指向性を自由にコントロールできます。

テッチ

テッチ

サイズはやや大きめなので、購入前に設置場所の確保は大切です!

本体底面も表面と同じデザインを採用。さらにフックの搭載で、壁掛けにも対応しています。

前面にはLEDが内蔵され、接続状態がひと目で確認できます。

右側面にはUSBポートを用意。外付けHDDなどを接続して簡易NASとしての使用も可能です。

MEMO

Macの場合は外付けHDDを接続して、バックアップ用のTimeMachineとして使用することができます。

背面には、インターフェース類が集約されています。

背面左側には、LED ON/OFFボタンWPSボタンWi-Fi ON/OFFボタンリセットボタンが配置されています。

中央には、ギガビット対応LANポートが4ポートあるので、有線接続機器が多い方でも安心です。

右側には、WANポート 電源ボタン 電源端子になっています。

【TP-Link Archer AX73】接続方法

「TP-Link Archer AX73」の接続方法を解説していきます。

Tetherアプリを使用することで、かんたんにセットアップができますので、まずはダウンロードしていきましょう。

TP-Link Tether

TP-Link Tether

TP-LINK無料posted withアプリーチ

テッチ

テッチ

アプリではさまざまな設定やコントロールが可能になります!

アプリでできること
  • ルーターへのかんたんアクセス
  • ゲストネットワークの設定
  • セキュリティー設定

目次に戻る

接続手順

それでは接続手順を解説していきます。

  1. STEP

    ハードウェアの接続

    WANポートとモデムをLANケーブルでつなぎます。

  2. STEP

    ルーターの電源を入れる

    電源を入れてルーターのLEDがすべて点灯するまで待ちます。

  3. STEP

    アカウントにログインする

    『TP-Link ID』を作成してログインします。

  4. STEP

    デバイスの選択

    「Archer AX73」をタップ。

  5. STEP

    デバイス管理用のアカウントを作成します

  6. STEP

    接続タイプの設定

    自動検出を選択で大丈夫です。

  7. STEP

    SSIDとパスワードの設定

    初期設定のSSIDとパスワードをそのまま使用するなら変更は必要ありません。

  8. STEP

    最後に設定の確認をしましょう

    問題なければ「適用」をタップ。

  9. STEP

    お疲れさまです!設定完了です!

テッチ

テッチ

アプリの指示通りに進めていくと、迷うこと無く設定が完了しているので安心です!

TP-Link Archer AX73】スピードテスト

「TP-Link Archer AX73」の通信速度を測定してみました。

我が家の通信環境は以下の通りです。

我が家の通信環境

  • Softbank光 1Gbps 戸建てタイプ
  • 4LDK 2階建て
  • Wi-Fi接続機器が多数

テストを行った場所は以下の2箇所。

  • 1階リビング
  • 自宅内で電波が届きにくい2階の角部屋
テッチ

テッチ

Archer AX73は1階リビングの中央に設置しています!

測定に使用した機種はWi-Fi 6対応のiPhone11。測定時刻は平日の夜に行いました。

目次に戻る

1階リビングでの測定結果

  • ダウンロード:447.76Mbps
  • アップロード:241.80Mbps

ルーターを設置している、1階のリビングではかなり高速な数値が出ました。

測定時はルーターから約1mの距離で行い、ダウンロードで400Mbps超えのすばらしいスピード感です。

我が家の通信環境は、Softbank光1Gbps 戸建てタイプなので、ここまでが限界値かと思いますが、今ではさらに高速な光回線もあるので、そちらを利用するとこのルーターの力をさらに発揮してくれます。

高速な光回線の一例

さらに複数の機器を同時に接続し、ゲームや動画視聴をしても安定した通信ができます。

本機の特徴である「6ストリーム」「MU-MIMO」による性能をしっかりと発揮し、家族が多くWi-Fi接続する端末が多い環境でも、ストレスを感じることはありません。

テッチ

テッチ

複数台の接続でも、ゲームや動画視聴が快適に楽しめます!

目次に戻る

2階角部屋での測定結果

  • ダウンロード:115.26Mbps
  • アップロード:61.87Mbps

我が家では比較的電波の届きにくい、2階の角部屋でも測定をしてみました。

気になったのは1階リビングよりダウンロード、アップロードともに速度がかなり落ちている点です。

「Archer AX73」は壁をはさむと、我が家では思いのほか速度低下に陥りました。

テッチ

テッチ

ここはそれぞれの住宅環境に左右されてしまうので一概に遅いとは言えませんが…。

この場合はメッシュWi-Fiを構築できる中継機「RE605X」を使い、メッシュWi-Fiを構築することで安定した通信環境が手に入ります。

実際に「RE605X」を接続して、同じく「2階の角部屋」でスピードテストを行ってみました。

  • ダウンロード:367.24Mbps
  • アップロード:209.23Mbps

ダウンロードで367Mbpsと1階リビングと変わらないほどのスピードが出ました。

今回のように、「TP-Link Archer AX73」1台だけでは、部屋によって電波が届きにくい場合もあります。

そんなときは「RE605X」を使用して「OneMesh」化することをおすすめします。

中継機を接続するだけで手軽にメッシュWi-Fiに
テッチ

テッチ

万が一「Archer AX73」のみで電波が届かなくても、あとからメッシュWi-Fiにできるので安心ですね!

【TP-Link Archer AX73】まとめ

TP-Link Archer AX73」をレビューしました。

メリット
デメリット
  • 超高速通信
  • IPv6 IPoEに対応
  • 排熱性能の高いデザイン
  • 1万円台の高コスパ
  • 本体のサイズが大きい
  • デザインは好みが分かれる?
  • 思ったより電波が届かなかった

Wi-Fi 6で「IPv6 IPoE」に対応したことで、回線混雑を回避し、いつでも快適なインターネット環境を構築することが可能になった本機。

高速通信高い処理能力など、Wi-Fiルーターとしての高性能ぶりも発揮してくれながら、価格が約13000円とかなりのコスパの高さを実現しています。

テッチ

テッチ

家族構成が多い方や、広いお家にお住まいの方には最適な1台です!

最後までありがとうございました。

Amazonでお得にお買い物をする方法

Amazonでお得にお買い物をするならAmazonギフト券の購入がおすすめです。

テッチ

テッチ

現金チャージで、チャージ額×最大2.5%分のポイントがもらえますよ!

Amazonプライム会員ならぜひ使うべき!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です