【TP-Link Deco X20レビュー】Wi-Fi 6とメッシュWi-Fiで最高の環境を構築できる!スタイリッシュなWi-Fiルーター!

6 min
テッチ

テッチ

本記事は「TP-Link Deco X20」の外観や特徴、メッシュWi-Fiでのスピードテストなどを解説していきます!

TP-Link Deco X20」は次世代通信規格の「Wi-Fi 6」で「メッシュWi-Fi」がかんたんに構築できる、コンパクトでスタイリッシュなWi-Fiルーターです。

Wi-Fi 6は新世代のWi-Fiテクノロジーで、AX Wi-Fiや802.11axとも呼ばれています。Wi-Fi 6の大きな特徴はより高速になった通信速度とより多くの端末との通信が可能になった点です。VRや4Kの動画など大容量の通信が必要な端末があったり、IoT機器等が大量にWi-Fi接続されている場合はWi-Fi 6に対応したルーターは最善の選択肢となり得るでしょう。

TP-Link公式

Wi-Fiの死角をなくし、家中どこでも途切れない接続を提供するために構築されたシステムです。
従来のルーターでは単一のポイントからWi-Fiを送りますが、メッシュシステムでは複数のアクセスポイントを設置することで、より広範囲までWi-Fiを行き渡らせます。

TP-Link公式

youtubeでの動画再生など大容量の通信があたりまえになってきた今では欠かすことのできないWi-Fi通信。

Wi-Fi接続が可能な機器は

  • スマートフォン
  • PC
  • タブレット
  • ゲーム機
  • スマートスピーカー
  • 家電

などとても多くなってきています。

家族の多い家庭ではさらに接続機器が増えるので、それにともない速度低下や接続不安定がおきてしまうことも。

テッチ

テッチ

Wi-Fi接続が安定しないのはストレスになりますよね…。

本記事で紹介する「TP-Link Deco X20」を使って「メッシュWi-Fi」を構築することで

  • 特定の部屋のWi-Fiがつながらない
  • 家族それぞれが動画を見ると通信が安定しない

などの悩みを解決してくれます。

テッチ

テッチ

我が家も「TP-Link Deco X20」のおかげで通信環境が改善され、とても快適なWi-Fi環境になりました!

さらに「Wi-Fi 6」での接続も可能なので、iPhone11などのWi-Fi 6対応機種などを使うととても高速で快適な通信環境を手に入れることができます。

それではかんたん接続で「Wi-Fi 6」「メッシュWi-Fi」が構築できる「TP-Link Deco X20」を紹介していきます。

購入を検討している方の参考になれば嬉しいです。

本記事はメーカー様から製品を提供いただき作成しています。

関連記事【TP-Link Deco M4 AC1200 レビュー】簡単操作でメッシュWi-Fiが構築できる!スタイリッシュ、コンパクトなWi-Fiルーター!

関連記事【TP-Link Archer AX10レビュー】高速通信のWi-Fi 6が低価格で!かんたん設定も便利なコスパの高い無線LANルーター!

Sponsored Links

【TP-Link Deco X20】スペック、付属品

スペック表

機種名Deco X20
サイズΦ110 mm × 114 mm
アンテナタイプ内蔵アンテナ × 4(各Decoユニット)
ワイヤレス規格IEEE 802.11 ax/ac/n/a 5 GHz, IEEE 802.11 ax/n/g/b 2.4 GHz
通信速度1201 Mbps (5 GHz)
574 Mbps (2.4 GHz)
プロセッサーQualcomm 1 GHzクアッドコアCPU
インターフェースLAN/WANギガビット有線LANポート × 2
セキュリティーWPA-PSK
WPA2-PSK
WPA3
ゲストネットワーク2.4 GHzゲストネットワーク × 1
5 GHzゲストネットワーク × 1
動作環境動作温度: 0℃~40℃ (32℉~104℉)

目次に戻る

付属品

外箱は2個入の製品なので大きめ。

開封すると本体の登場。
オシャレなパッケージングで開けた瞬間にテンションがあがりました!

付属品もしっかりとビニールで包まれていました。

付属品一覧
  • TP-Link Deco X20本体 ×2
  • ACアダプター ×2
  • LANケーブル
  • かんたん設定ガイド

ホワイトのLANケーブルは本体とマッチするカラーで嬉しいです。

ACアダプターもホワイトカラーで本体との統一感があります。

中央には「TP-Link」のロゴ入り

ACアダプターの重量は実測で「119g」でした。

iPhone8とのサイズの比較です。

電源タップに挿したところ。
ACアダプターはコンパクトではありますが、多少厚みがあるのが気になるところ。

【TP-Link Deco X20】外観、特徴

「TP-Link Deco X20」の特徴
  • 超高速の新規格Wi-Fi 6に対応
  • 接続可能台数が150台以上
  • シームレスなメッシュWi-Fiで広範囲をカバー
  • 低遅延でオンラインゲームやビデオ通話がよりスムーズに
  • アプリでかんたんにセットアップできる

ホワイトのボディーがさわやかさを感じる本体。
従来のWi-Fiルーターのようなゴツゴツした感じがなく、アンテナなども内蔵型なのでスマートでインテリアにも馴染むデザインです。

アンテナは内蔵型ながら広範囲をカバーしてくれます。
テッチ

テッチ

オシャレな感じがとても気に入りました!

主張しすぎない「TP-Link」のロゴも好印象。

サイズは実測で「115mm × 110mm」。

同じDecoシリーズの「TP-Link Deco M4 」とのサイズの比較です。

高さでは「Deco X20」が圧倒的に低いですが、上から見ると「Deco M4」が一回り小さいです。

関連記事【TP-Link Deco M4 AC1200 レビュー】簡単操作でメッシュWi-Fiが構築できる!スタイリッシュ、コンパクトなWi-Fiルーター!

テッチ

テッチ

設置場所によってはどちらも捨てがたいサイズ感ですね!

重量は実測で「583g」でした。

裏側にはイーサネットポートが2つとACアダプターの差込口があります。
イーサネットポートは差し込むだけでWAN/LANの自動認識をしてくれます。

有線接続の機器を多く持つ方は、ポート数が不足しないか確認しましょう

天面はシンプルでデザイン性の高さを感じます。

底面部分にはゴム足がついているのですべりにくくなっています。

底面にはLEDがあり、接続状況によって、点滅、点灯します。

【TP-Link Deco X20】接続方法

アプリのダウンロード方法とできること

「TP-Link Deco X20」はDecoアプリを使用することでさまざまなことができるので、まずはダウンロードしましょう。

TP-Link Deco

TP-Link Deco

TP-LINK無料posted withアプリーチ

アプリでできること
  • ルーターへのかんたんアクセス
  • ゲストネットワークの設定
  • 新たな機器のクイックセットアップ
  • 子供のためのアクセス制限
  • 本体のアップデート

目次に戻る

接続手順

テッチ

テッチ

iPhoneでの接続手順を解説します!

  1. STEP

    同梱物を用意して、モデムの電源をオフにします。

  2. STEP

    モデムと「Deco X20」を接続し、モデムの電源をオンにします。

  3. STEP

    「Deco X20」の電源をオンにして、LEDが青く点滅するまで待ちます。

  4. STEP

    iPhoneの設定Wi-Fiから「Deco_92C4」を選択します。

  5. STEP

    アプリに戻り「接続タイプ」と「MACアドレス」の設定。

  6. STEP

    Wi-Fiネットワークを作成して接続をします。

  7. STEP

    接続完了!おつかれさまでした!

目次に戻る

2台目以降の接続方法

メッシュWi-Fiは2台以上の本体が必要になります。

メインの「Deco X20」の接続が完了すると、2台目以降の接続は自動で設定してくれます。

「Deco X20」にACアダプターを接続し、あとはなにもしなくても接続は完了します。

テッチ

テッチ

かんたんすぎてビックリしました!

【TP-Link Deco X20】通信速度

自宅での通信速度を「Wi-Fi 6」対応のiPhone11を使ってチェックしてみました。

我が家の通信環境
  • Softbank光 1Gbps 戸建てタイプ
  • 4LDK 2階建て
  • Wi-Fi接続機器が多数

テストする場所は

  • 1階リビング
  • 電波が届きにくい2階の角部屋
  • 自宅横のガレージ内

の3箇所で測定しました。

電波の届きにくい2階は、2台目の「Deco X20」をオン、オフ両方で測定。

「TP-Link Deco X20 」2台の設置場所
  • 1階リビング → メインの「Deco X20」
  • 2階角部屋 → サブの「Deco X20」

測定した時間帯は日曜日のお昼の時間帯です。

目次に戻る

1階リビングでの測定結果

1階リビング、iPhone11での測定結果
  • ダウンロード → 246Mbps
  • アップロード → 473Mbps

1階リビングでは充分な速度が出ています。

我が家は3人家族PCスマートフォン家電などWi-Fi接続している機器はかなりの数があります。

特に日々の使い方では

  • 子どもがテレビで「Amazonプライムビデオ」の視聴
  • ボクがPCで「ネット閲覧」や「youtube」視聴
  • 嫁さんがiPhoneで「ネット閲覧」や「youtube」視聴

など通信量の多い状態を同時に行うことが多いです。

「TP-Link Deco X20 」では各端末で動画再生をしてみましたが、通信が途切れることはなく、ストレスをまったく感じることもなく視聴できました。

本機は最大150台までのWi-Fiデバイスを接続することができます。

テッチ

テッチ

家族が多く、接続する端末が多い方でも安心して使えます!

我が家の光回線が「Softbank光 1Gbps」なので、Wi-Fi 6ながらそこまでの数値は出ていないかもしれませんが、普通に使うには充分なスピードです。

最近は「10Gbps」など超高速な光回線が登場してきているので、使用する回線によってはさらに高速な数値がでると思われます。

テッチ

テッチ

これからのスタンダードになってくる「超高速ネットワーク」にも対応できるポテンシャルを持っています!

目次に戻る

2階角部屋での測定結果

2階角部屋、iPhone11での測定結果(2台目の「Deco X20」オフ)
  • ダウンロード → 22.1Mbps
  • アップロード → 41.1Mbps

2階角部屋、iPhone11での測定結果(2台目の「Deco X20」オン)
  • ダウンロード → 83.2Mbps
  • アップロード → 236Mbps

2階の部屋では「メッシュWi-Fi」の恩恵を大きく受ける結果となりました。

2台目の「Deco X20」がオフの状態だとかなりの速度低下がみられました。

テッチ

テッチ

「TP-Link Deco X20 」は上方向への電波は多少弱い傾向にありそうですね。

しかし2台目の「Deco X20」をオンにすることで速度は一気にアップしました。

1階リビングより速度は落ちますが、普通に使用するには問題ない充分なスピードです。

目次に戻る

自宅横のガレージ内での測定結果

メッシュWi-Fiにすることで、Wi-Fiのエリアがかなり広くなることもわかりました。

自宅の横にはガレージがあるのですが、以前はそこではWi-Fiの電波は圏外でした。

「TP-Link Deco X20」を「メッシュWi-Fi」で接続することにより電波は届き、普通に使用するには問題ないくらいの速度も出ました。

自宅ガレージ、iPhone11での測定結果(2台目の「Deco X20」オン)
  • ダウンロード → 83.7Mbps
  • アップロード → 120Mbps
テッチ

テッチ

ここまでエリアが拡大するとは思っていなかったのでビックリしました!広範囲で充分な速度が出ています!

【TP-Link Deco X20】まとめ

TP-Link Deco X20をレビューしました。

まとめると

メリット
デメリット
  • インテリアに馴染むスタイリッシュなデザイン
  • メッシュWi-FiとWi-Fi 6による広範囲での接続安定性
  • アプリでのかんたん設定
  • 単体の使用だと上方向への電波は多少弱い
  • 有線接続機器が多い場合はポート不足になるかも

などがあります。

デメリットの電波に関しては2台設置してメッシュWi-Fiを家中に張り巡らせることでとかんたんに解消できます。

インテリアにも馴染むスタイリッシュなデザインと広範囲での高速通信が可能なTP-Link Deco X20で快適なWi-Fi環境を構築しましょう。

テッチ

テッチ

高性能なWi-Fi環境は最高ですよ!

最後までありがとうございました。

Amazonでお得にお買い物をする方法

Amazonでお得にお買い物をするならAmazonギフト券の購入がおすすめです。

テッチ

テッチ

現金チャージで、チャージ額×最大2.5%分のポイントがもらえますよ!

Amazonプライム会員ならぜひ使うべき!

Sponsored Links
カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です