【TP-Link Archer AX90レビュー】トライバンド、Wi-Fi6対応の高速ハイスペックルーター!

6 min

この記事について

本記事は、TP-Linkの無線LANルーター「TP-Link Archer AX90」の外観チェックや速度テストをしています。
超高速通信、接続安定性など、接続機器が多い方に特におすすめできる、ハイスペックな無線LANルーターです。

家中がWi-Fi機器であふれているテッチ(@tetsusea1)です。

Wi-Fiルーターは価格もさまざまですが、たくさんの機器の接続安定性や、高速通信を考えるならハイスペックなモデルを候補にあげたいところ。

接続機器も多く、家も広いんだけどおすすめのルーターある?

そんな方におすすめしたいのが「TP-Link Archer AX90」です。

新規格のWi-Fi 6トライバンドの組み合わせの本機は、複数台の接続や大容量の通信でもスムーズにこなしてくれるハイスペックな仕様。

また8本のアンテナは広い範囲をカバーでき、対応の中継機を使用すれば、メッシュWi-Fiで家のすみずみまで死角のないネットワークを構築できます。

テッチ

テッチ

さらにセキュリティーも万全で安心です!

それでは、Wi-Fi 6とトライバンド対応のハイスペックWi-Fiルーター「TP-Link Archer AX90」を紹介します。

本記事はメーカー様から製品を提供いただき作成しています。

Sponsored Links

【TP-Link Archer AX90】概要

「TP-Link Archer AX90」特長

  • トライバンド方式でたくさんの機器が接続可能
  • 次世代通信規格のWi-Fi 6に対応
  • 1.5 GHzクアッドコアCPUで複数接続でも高い処理能力
  • 豊富なインターフェース
  • アプリを使ってのかんたん接続が可能

TP-Link Archer AX90はWi-Fi 6トライバンド方式を採用したWi-Fiルーターです。

見た目から伝わる存在感のある筐体は、中身にもしっかり反映されています。

使用されている回線にもよりますが、本機の速度は5GHzで最大「4804Mbps」と無線LANルーターの中では高速です。

Wi-Fi 6、トライバンド方式の採用で複数機器の接続でも安定性を確保してくれるので、オンラインゲームなども安心してプレイすることができます。

3つの周波数帯域で通信が可能

Wi-Fi 6は新世代のWi-Fiテクノロジーで、AX Wi-Fiや802.11axとも呼ばれています。Wi-Fi 6の大きな特徴はより高速になった通信速度とより多くの端末との通信が可能になった点です。VRや4Kの動画など大容量の通信が必要な端末があったり、IoT機器等が大量にWi-Fi接続されている場合はWi-Fi 6に対応したルーターは最善の選択肢となり得るでしょう。

TP-Link公式

テッチ

テッチ

高速な光回線になるとその力をさらに発揮してくれます!

さらに本機に対応中継機をプラスするだけで、「TP-Link OneMesh」というメッシュWi-Fiネットワークを構築可能。

Wi-Fiの死角をなくすことで、電波の届きにくい部屋でも安定した無線接続が可能になります。

中継機を接続するだけで手軽にメッシュWi-Fiに

関連記事【TP-Link RE605Xレビュー】Wi-Fi 6対応!メッシュWi-Fiも構築可能で高速な通信環境を拡張できるWi-Fi中継機!

他にもさまざまな機能を搭載し、無線接続でも快適に通信ができる環境をサポートしてくれます。

機種名Archer AX90
サイズ311 × 207 × 174 mm
アンテナタイプ高性能固定アンテナ×8
ワイヤレス規格Wi-Fi 6
IEEE 802.11ax/ac/n/a 5 GHz
IEEE 802.11ax/n/b/g 2.4 GHz
通信速度5 GHz: 4804 Mbps (802.11ax)
5 GHz: 1201 Mbps (802.11ax)
2.4 GHz: 574 Mbps (802.11ax)
プロセッサー1.5 GHz クアッドコア CPU
有線ポート2.5 Gbps WAN/LAN ポート × 1
1 Gbps WAN/LAN ポート × 1
1 Gbps LAN ポート × 3
USB対応USB 3.0 ポート × 1
USB 2.0 ポート × 1

対応フォーマット:
NTFS, exFAT, HFS+, FAT32

対応機能:
Apple Time Machine
FTP サーバー
メディアサーバー
(ルーターの利用状況に応じて利用可能なHDDサイズの上限やファイル数は上下します)
セキュリティーSPIファイアウォール
アクセスコントロール
IP & MACバインディング
アプリケーション層ゲートウェイ

HomeShield セキュリティ
リアルタイムIoT 保護
悪意のあるサイトのブロック
侵入防止システム
DDoS攻撃の防止
ホームネットワークスキャナー
ゲストネットワーク5 GHz-1 ゲストネットワーク × 1
5 GHz-2 ゲストネットワーク × 1
2.4 GHz ゲストネットワーク × 1
動作環境動作温度: 0℃~40℃ (32℉~104℉)

【TP-Link Archer AX90】付属品、外観

「TP-Link Archer AX90」の付属品と外観について解説していきます。

付属品について

まずはパッケージングから見ていきましょう。

外箱は本体を連想させる大きなものでした。

付属品は以下の通りになります。

同梱物一覧
  • Archer AX90本体
  • 電源アダプター
  • LANケーブル
  • かんたん設定ガイド

電源アダプターはブラックカラーのものが付属しています。

厚みはほどよく抑えられ、コンセントに挿してもジャマには感じない大きさです。

LANケーブルは、ホワイトカラーのものが付属していました。

目次に戻る

外観について

外観は放射線状のデザインが特徴的。8本のアンテナも非常に存在感があります。

テッチ

テッチ

すでに見た目からパワーを感じます!

サイズは「311mm × 207mm」となかなかの大きさ。

高さはアンテナを含めて174mmとなっています。
本体のサイズは大きいため、購入前に設置場所はしっかりと確保しておきたいところです。

アンテナ部分は可動式になっていますので、電波の指向性を変更することができます。

細かいところですが、アンテナ全てにtp-linkのロゴが入っています。

本体底面は、排熱も考えられたメッシュ構造。

フックもついているので、壁掛け運用も可能です。

本体背面には、接続端子類が集約されています。

背面左側にはUSB-A(2.0)と電源ボタン。

右側にはリセットボタン、WANポート、LANポートなどが配置されています。

MEMO

有線LANポートは2.5 GbpsのWAN/LANポート4つのギガビットポートを搭載しており、有線接続時も快適な通信が可能です。

本体右側面には、USB-A(3.0)を装備。背面のUSB-A(2.0)を含め、外付けHDDなどを接続して簡易NASとしての使用も可能です。

MEMO

Macの場合は外付けHDDを接続して、バックアップ用のTimeMachineとして使用することができます。

テッチ

テッチ

HDDを直接PCと接続せずに済むので便利です!

正面にはWPSボタンなどのコントロールボタン類が配置されています。

さらに正面の左端には小さくTP-Linkのロゴが入っているのが好印象。

本体の重量は実測で893グラムでした。

【TP-Link Archer AX90】接続方法

「TP-Link Archer AX90」の接続方法を解説していきます。

Tetherアプリを使用することで、かんたんにセットアップができますので、まずはダウンロードしていきましょう。

TP-Link Tether

TP-Link Tether

TP-LINK無料posted withアプリーチ

テッチ

テッチ

アプリではさまざまな設定やコントロールが可能になります!

アプリでできること
  • ルーターへのかんたんアクセス
  • ゲストネットワークの設定
  • セキュリティー設定

目次に戻る

接続手順

それでは接続手順を解説していきます。

  1. STEP

    ハードウェアの接続

    WANポートとモデムをLANケーブルでつなぎます。

  2. STEP

    ルーターの電源を入れる

    電源を入れてルーターのLEDがすべて点灯するまで待ちます。

  3. STEP

    アカウントにログインする

    『TP-Link ID』を作成してログインします。

  4. STEP

    デバイスの選択

    「Archer AX90」をタップ。

  5. STEP

    デバイス管理用のアカウントを作成します

  6. STEP

    接続タイプ、MACアドレスの設定

    自動検出と推奨を選択で大丈夫です。

  7. STEP

    SSIDとパスワードの設定

    初期設定のSSIDとパスワードをそのまま使用するなら変更は必要ありません。

  8. STEP

    最後に設定の確認をしましょう

    問題なければ「適用」をタップ。

  9. STEP

    お疲れさまです!設定完了です!

テッチ

テッチ

アプリの指示通りに進めていくと、迷うこと無く設定が完了しているので安心です!

【TP-Link Archer AX90】通信速度

「TP-Link Archer AX90」の通信速度を測定してみました。

結論から言うと、我が家の「Softbank光 1Gbps」ではこのハイスペックルーターの本領は発揮できないと感じました。
いまではNUROなど「10Gbps」の超高速な回線も登場してきているので、そちらをお使いの方は間違いなくこのルーターのポテンシャルを発揮できるでしょう。
そこを理解して検証結果を見ていただきたいと思います。

我が家の通信環境は以下の通りになります。

我が家の通信環境

  • Softbank光 1Gbps 戸建てタイプ
  • 4LDK 2階建て
  • Wi-Fi接続機器が多数

テストの場所は以下の2箇所になります。

  • 1階リビング
  • 電波が届きにくい2階の角部屋
テッチ

テッチ

TP-Link Archer AX90は1階リビングの中央に設置しています!

測定に使用した機種はWi-Fi 6対応のiPhone11。測定時刻は日曜の22時台に行いました。

目次に戻る

1階リビングでの測定結果

1階リビングでの測定結果です。

1階リビングでの測定結果

5GHz

  • ダウンロード → 197Mbps
  • アップロード → 501Mbps

安定の高速通信で満足の結果がでました。

我が家は3人家族でWi-Fi接続している機器はかなりの数があります。

Wi-Fi接続している機器の一例
  • PC×2
  • iPhone×2
  • iPad
  • Nintendo Switch
  • PS4
  • Amazon Fire TV Stick
  • その他家電、スマートスピーカなど…

「TP-Link Archer AX90」では各端末で同時に通信を行ってもまったく途切れることもなく、とてもレスポンスがいいのでストレスを感じることなく使用できました。

テッチ

テッチ

複数台の接続でも、とても安定しているので快適です!

目次に戻る

2階の角部屋での測定結果

2階の角部屋での測定結果です。

2階の角部屋での測定結果

5GHz

  • ダウンロード → 167Mbps
  • アップロード → 473Mbps

こちらもiPhone11での測定結果。

2階の角部屋ということもあり多少電波の届きにくい場所ではありますが、1階リビングとさほど変わらない数値がでました。

8本のアンテナの電波強度はさすがに強力で、この1台でかなりの広範囲をカバーすることができます。

テッチ

テッチ

安定の接続でとても満足できました!

【TP-Link Archer AX90】まとめ

TP-Link Archer AX90」をレビューしました。

メリット
デメリット
  • トライバンド方式で各デバイスが安定して接続できる
  • 次世代規格の「Wi-Fi 6」に対応
  • 高い処理能力
  • 本体のサイズが大きい
  • デザインは好みが分かれる?

Wi-Fi6トライバンドの組み合わせは、複数台の機器や大容量の通信でも問題なく使用でき、広い範囲をしっかりカバーしてくれるものでした。

本機は家の形状などにより電波が届きにくい場合でも、対応の中継機を使用することで、すみずみまで死角のないメッシュWi-Fiを構築できるので購入後でも安心して拡張が可能です。

テッチ

テッチ

接続機器がたくさんある方には、特におすすめできるWi-Fiルーターです!

最後までありがとうございました。

Amazonでお得にお買い物をする方法

Amazonでお得にお買い物をするならAmazonギフト券の購入がおすすめです。

テッチ

テッチ

現金チャージで、チャージ額×最大2.5%分のポイントがもらえますよ!

Amazonプライム会員ならぜひ使うべき!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です